無料ブログ作成サービス JUGEM
to do リスト

「to do リスト」つまり「その日にやるべきことを紙に書き出しておく」こと

は自分の頭を整理する意味でもとても価値のあることだと思っています。

 

以前は「ふせん」に書いていましたが、もっと小さいことも書きたいと思い、

いつの間にやら「A-4 サイズの紙」になりました。

 

私はいつも3つに分けて書き出しています。

プライベート」「先生としての仕事」「経営者としての仕事」とそれぞれで

毎朝起きてからの数十分を「to do リスト」を書く時間に充てています。

 

そして、最近またこの「to do リスト」を書くのが楽しくなってきたんです。

まるで、「将来の自分をつくっている」みたいで、書いているうちに「思い通り

の自分」になれるんじゃないかって思うぐらいです。

 

だから、今日は、お昼に「100円ショップ」に行って、「A-7」サイズのノート

を買ってきました。

 

今度は「連続性」を持って、「to do リスト」に取り組んでみようと思った

からです。

 

さあ、新しいこのノートで、新しい「自分」をつくれるかもしれませんね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
よく眠れるようになりました

昨日、授業が終わってから12時過ぎに実家に帰りました。

 

ちょっとだけ残っていた仕事を済ませて、12:30ぐらいに寝たでしょうか。

起きたのは・・・午前2:00。

 

ちょっと早いですね〜。

 

昔はこんな生活だったなぁって思い出しながら、ちょっと休憩していると

また眠気が。。。

 

そのまま寝て、気がつくと・・・7:15!

 

いやぁ、寝ましたね〜。

 

まだまとめて、というのはなかなかないですが、ある程度の時間は確保できる

ようになっています。

おそらく、毎日4時間半〜6時間ぐらいは寝てるような気がするんですけどね。

 

仕事を始めてから、初めての経験です。

 

そして、確実に「無理をしない体」に変わっているのを感じます。

 

こうして、少し「元気になりました」みたいなブログを書いていると、少々

無理なお願いが飛び込んでくることが多くなりました。

 

「先生〜、何とかお願いします」

「先生しか頼める人がいないんです。。。」

「先生なら何とかしてくれますよね???」

 

こんな感じです(笑)

 

そして、こういうお願いをことごとく受けた結果、体調を崩してしまったとも

言えるわけです。

 

今は、こういうお願いに自分で答えることはしないようにしています。

すべての依頼は、社長はじめ会社のスタッフに判断してもらうようにしました。

 

自分自身ですべてを受け止めて、自分で結論を出すのは避けています。

 

せっかく「よく眠れるようになった」ことは、ここで終わらせるつもりは

ありませんからね〜!

| holiness | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
親子で・・・

お母さんから「私、先生に習ってたんですよ〜!うちの子もぜひ先生に!」

 

こんなことを言われることがあります。

 

つまり「親子二代」で教えてるってことです。

(まあ、それだけ私が長く教えてるってことですけどね)

 

今、教えている子どもたちの中でも5人ぐらいは親子で教えている子がいる

と思うんですね。

 

塾の中では10人はいると思います。

 

 

これって本当にありがたいことだと思うんです。

 

自分が習った先生に、自分の子どもも習わせたい、なんてまさに「先生冥利」

につきますね。

 

だから、私も何となく力が入ってしまいます。

 

最近も2人、そういう方がいらっしゃいました。

一人はすでに授業を始めています。

(コースの授業だったので、空きがあってすぐに入れたんです)

 

これからこういう人はまずます増えていくのかなぁなんて、楽しみでもあり、

授業が入れられるかどうか不安でもあります。

 

無理をしない」という自分なりの約束事をちゃんと守っていけるかどうか、

が最大の問題です。

 

入れてあげる子が増える分、外していかないといけないことも考えられますね。

 

途中でやめてまた入ってくる子がいます。

この子たちの対応は、私は直接しないことにします。

すべてをスタッフに委ねて、彼らの判断で入れるかどうかを決めることになる

と思うんですね。

 

現実的にはほとんど入れないんでしょうね。。。

 

 

授業の子が来ない(遅れてるみたいです)のでブログなど書いてみました。

決して暇だから書いてるわけじゃないですからね!(笑)

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
主婦?

朝、目が覚めると午前2時。

 

ちょっと睡眠が足りないかなぁ、と思いましたが、せっかく起きたんだから

と朝食。

 

しばらく起きていましたが、やっぱり眠いので「二度寝

これができるようになったのは大きいですね。

 

以前は一度起きたら二度と寝ることはなく、夜までノンストップで走って

ましたからね。

 

二度寝が4時間半も!

(これが普通の睡眠だろう!!)

 

今日、最初に取り組んだのは「アイロン

 

シャツ3枚、ズボン3本にアイロンをかけます。

落ち着きますね〜。

何も考えず、アイロンに集中することで、妙に心が落ち着きます。

 

世の男性はアイロンは奥様に任せている方が多いのかもしれませんが、心を

落ち着かせる意味では、ぜひ自分でかけることをお勧めしますね。

 

アイロンを約40分ぐらいしたら、今度はお茶を沸かします

もう20年以上同じお茶を飲んでいます。

(昔、息子が「ちくのう」で苦しんでいるとき、膿を出してくれるお茶として

飲んだのが最初で、ずっと飲んでいます)

 

毎日教室には自分で沸かしたお茶を持っていくことにしています。

何となく安心できるんですね。

 

次は「靴磨き

交互にはいている靴を5足、ざっとですがクリームを塗って、磨きます。

 

そして犬に朝ご飯をあげて、今は「今日のやるべきこと」のリストを書いて

います。

 

 

何だかここまで「主婦」みたいですね(笑)

 

でも、こんなことができるのは「心に余裕がある」ということかも

しれません。

(体調が悪いときは、アイロンもまったくしなくなってましたから)

 

少しずつ元気になってきている証でしょうか。

ちょっと嬉しい朝でした。

| holiness | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「モノ」より「思い出」

ずいぶん昔、車か何かのCMで、「モノより思い出」っていうフレーズが

ありました。

 

子どもたちへのプレゼントとして「車でどこかに思い出づくりに出かけよう」

みたいな内容だったかと記憶しています。

 

6月1日の「あじさいパーティ」で、「○○検定」をやって、そのプレゼント

として、「モノ」ではなく「ランチ会」みたいな「コト」をあげようと思ったん
です。

 

これまでに「少人数ランチ会 廖屬泙爾修丱張◆次廚終わり、今日は

「少人数ランチ会◆廚任靴拭

残るは「ピクニックin○○公園」です。

 

どんな内容かっていうと、普通の「母の会」と同じです。

今日は中央駅近くの「寿庵」で、4人でのランチ会でした。

 

お子さんの話、もちろんたくさん出ましたよ。

悩んでいることは、言葉にすると半分ぐらいは解決します

それを聞いてあげる場ができるだけたくさんありますように、と思います。

 

また、水害の話も当然出ました。

 

でも、メインは「日本の国力」についてだったかもしれませんね。

 

人口減少にどう対応していくのか。

移民政策は考えなくていいのか。

「働き方改革」のうち、残業をなくしていく改革は、平均的な層の生活を

圧迫するのではないか。

将来なくなっていく仕事のこと。

就職しても早期離職する若者たちのこと。

日本の国土を外国の人たちが買い漁っているという話

 

結構いろんな話が出ました。

そして「時代は確実に変わっていく。しかもものすごいスピードで」という

ことをみんなで確認しましたね。

 

「母の会」では、どうしても「子育て」などの縛りがある関係で、テーマが

少なくなりがちですが、こういう会では「フリートーク」がとても楽しいもの

です。

そして「フリートーク」だからこそ、考えさせるところもあるんです。

 

 

昨日の夜、「○○会」(個人名が入るので○○としています)がありましたが、

そこでも「プレゼント」についてのことが話題になりました。

 

モノより思い出」になるようなプレゼントってあげられないのかなぁ。

そんなことをいつも考えています。

 

まあ、クリスマスぐらいまでには思いつくでしょう(笑)

のんびり考えます。

 

「クリスマスパーティ」、今年もやりますが、プレゼントをお楽しみに〜。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
休むことの意味

土日の授業が終わると、やっぱりちょっとグッタリしますね。

 

復帰以来、たぶん普通の体と、普通の感覚になってると思うんですね。

 

「疲れたら休む」

このあたりまえのことができなかった最近までの私です。

 

休むことは悪」みたいな考え方がどこかにあったのかもしれませんね。

 

そして、その「休まない習慣」が少しずつ体を壊していったんでしょうね。

 

今は「疲れたら休む」ではなく、「疲れる前に休む」意識を持とうと思って

います。

 

 

「自由枠」の希望がじわじわと増えてきています。

皆さんの期待に応えてあげられないのは少しだけ残念ですが、少しでも長く

皆さんの役に立つために「疲れる前に休む」ことは守ります。

 

 

今日は、朝7時前に自宅を出て、実家に行き、母を連れて父の病院に行って

きました。

少しだけ声に元気がなかった父が、一緒にいる間に元気な声に変わったのが

嬉しかったです。

 

その後、母を実家に連れて帰った後、「少人数ランチ会」でした。

(6月1日の「あじさいパーティ」でプレゼントとして当たった方たち3人との

ランチです・・・内容は後ほど)

 

ランチ会が終わったら、打ち合わせを1つ済ませて、夕方になる前に自宅に

戻ってきました。

 

 

 

家で何をしたかって?

 

何もしません。

 

ただ休憩してただけ。

コーヒー飲んだり、録画していたサスペンスを見たり、ゆっくりできました。

 

これでいいんだな、って実感しています。

休むことには意味がある」んですよね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「個」と「集団」

W杯で「日本人らしさ」が称賛されています。

 

応援の後のゴミ拾いとかロッカールームを出るときにきれいにしていくとか、

サッカーの試合でも「自己犠牲」を払いながら、「組織で動く」ことで、

実力以上の結果を出す、そんな姿が認められているんでしょう。

 

とてもいいことだと思います。

 

ただ、W杯に直接関係がない私たちは、もう少し違うことも考えないと

いけないのかもしれません。

 

それは「個」の力をどう伸ばしていくか、という問題です。

 

第二次世界大戦に突入していったときの、あの「国全体で間違った方向に

進む恐怖」を私たちは歴史の教科書や先人の話で知っています。

 

「集団(組織)」で動くことは大切なことです。

それを否定するものではありません。

 

ただ、「」も大切にしなくていいのか、も気になります。

 

私は「先生」という仕事をやっていますから、考えるのは子どもたちのこと。

 

 

「ほかの人が○○するから私も・・・」

「誰もいないから私もしない・・・」

 

こんな子がまだまだたくさんいます。

 

「君の人生じゃないの?」

「君は何でも『人に合わせて』生きていくのかな?」

 

と思ったりします。

 

まわりに関係なく、「自分自身の決断」で行動する、そんな子どもたちを

一人でも多く育てたいと思っています。

 

そして、同時に自分自身にもそれは言い聞かせているんですね。

私自身、「誰かが○○するから私も・・・」などということがないように、

つねに「自分自身の決断」をする覚悟をしておかないといけないん

でしょうね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
完全復帰!

6月1日に「母の会」に復帰しました。

 

6月6日に「個別授業」に復帰しました。

 

そして、やっと昨日「集団の授業」に復帰しました。

 

完全復帰」です。

 

集団の授業は立ちっぱなしなので、体力的に不安があり、6月は復帰を

見合わせました。

 

昨日は「中3コース」「中2コース」と「勉強会」の5コマが立ちっぱなし。

今日も「高1コース」「中1コース」「勉強会」で5コマ立ちっぱなし。

 

昨日はさすがにかなり疲れていましたが、睡眠さえちゃんととれれば何とか

なりそうです。

(これで睡眠不足とかになるとまた・・・)

 

完全に復帰しても、以前のような「休みもなく、毎日が予定でビッシリ」など

という生活には戻りませんよ〜。

 

「俺はがんばってるぞ〜!」みたいな「勝手に自己満足」生活はダメです。

 

限られた授業だからこそ一生懸命できるはずです。

終わりがあるからこそ真剣にやらなければいけません。

 

今日は朝から授業の準備をかなりしっかりしています。

でもまだ一部しか終わっていません。

これからもう少し準備しますね。

| holiness | 先生として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
災害について考える

朝から真剣に「勉強」してました。

かなり集中したので、思いのほか進んで、少し余裕ができたのでブログ書いて

います。

(ブログ書いてるときは比較的「心に余裕がある」ってことです)

 

昨日からTVのニュースは「大雨」と「オウム死刑囚の死刑執行」の2つです。

 

どちらにも共通しているのは、パニック(災害、事故、・・・)のときの

安否確認です。

 

「(フェイスブックなどの)SNSが役に立った」という声多いですよね。

やっぱり災害のときの「SNS」は強いかもしれません。

 

芸能人の誰かが、どこかの地震のときに言っていたことを思い出しました。

私のブログを連絡版として使ってください

 

そうだ!

これだ!

 

私も少しは「社会に貢献」できるかもしれないと思いました。

 

もしも、もしも水害や地震などで知っている人との連絡をとりたいとき、

このブログに書き込んでもらったらどうだろう、って思ったんです。

 

今は全コメントは「非公開」にしていますが、いざというときは「公開」

に変更します。

また、私が知りえた情報はその都度ブログでアップします。

 

大きい人数ではありませんが、少なくとも1000人ぐらいの方は見ていると

思います。

 

小さなコミュニティですが、関係のある人たちの安否は少しはわかるかな

って思います。

 

 

このことを思いついて、何だか自分の中に、不思議と「安心感」が生まれる

のを感じました。

 

さあ、いざというときのために、皆さんコメントの練習ですよ〜!(笑)

| holiness | 人として | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
お通夜と経営

夜9:30頃、同友会の全国大会から帰ってきた社長からメールがありました。

 

仲良くしている社長のお父様が亡くなられたとのこと、急いで準備してお通夜

に行ってきました。

 

お父様、まだ70歳だったそうです。

4年前から癌だったということで、何となく他人事とは思えませんでした。

 

そんな中でも社長は一人気丈に振る舞っていらっしゃいました。

とても立派な姿に感心しました。

 

ご家族を中心に会社を経営されていましたが、病気になったときに、ご家族で

話し合われて、経営権をお子さん(現社長)に移しておかれたそうです。

 

いやぁ、考えさせられました。

 

経営者の覚悟として「自分に何かあったらどうするのか」をつねに考えておく

べきなんだろうと痛感しました。

 

この社長

「2年前に経営権を全部移してもらっていたので、会社としてはまったく問題

はありませんでした。」

家族は看病に専念できる環境にあったと言います。

 

ここまでちゃんと考えて経営していかないといけないんだと改めてその「重さ」

を感じています。

 

 

さあ、気持ちを新たにして「勉強」します!

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |