無料ブログ作成サービス JUGEM
一番許せないこと

今、「自由枠」の案内書を配布中です。

 

簡単に言うと「塾の中にもう一つ『私だけの個人塾』がある」みたいな形です。

 

私たちの塾に通ってきている子たちは基本的に「1対1の完全個別授業」です。

普通はこれだけでいいんですね。

ただ、私は固定の個別授業はは誰も担当していないので、「自由枠」という

新しい塾をつくって、そこで希望者に授業をしているようなものです。

 

普通の塾と違うのは、「自由枠」は私たちの塾に通ってきている子の中で

「私の授業を受けてみたい」と思っている子だけを対象にしているということ、

そして「毎月申し込みが必要」だったということ。

 

その毎月の申し込みが、1月から「学期ごと」に変更になります。

さらに、今まで数学だけだった「自由枠」に国語と英語も加わったということ。

私がこの歳で「数学・英語・国語」の授業をするということです。

まさに「老体にムチ打って」がんばるんですよ。

 

まあ、最後のご奉公と思っています。

1年ぐらいはやれるかな、なんて思っています。

 

まあ、「自由枠」の説明はそれぐらいにしておいて、今の自由枠は数学だけ

の「個別」と「特訓」「勉強会」からなっています。

この「特訓」や「勉強会」を毎月1回は「無断欠席」する子がいます。

 

私から言われるまで気づいてもいない。

欠席したのに、まったく悪びれたところがない。

(普通は焦って「先生、すみませんでした・・・」と言うでしょう。ところが

この子は「えっ、昨日ですかぁ?」と不満そうに手帳を見て「あ〜、スミマセン」

と言うだけ・・・)

 

正直これだけは許せないですね。

 

この子は1月からの「受け放題の自由枠」である、「自由枠フリー」を申し込んで

います。

正直、受けてもらいたくありませんね。

 

保護者の方から連絡があればいいですが、「無断欠席」で「反省なし」はちょっと

意識が足りないかなと思っています。

(生徒本人からの欠席は「無断欠席扱い」をしています)

 

今後1回でも無断欠席があれば、それ以降の申し込みは停止させてもらおうと

思っています。

これはいつも申し込みが「お母さん主導」であるということも原因かも

しれません。

本人が知らないうちに申し込んでいる、ということですね。

 

だから「自分の問題」ととらえないのかもしれません。

 

「申し込みを停止」したらまた本人でなく、お母さんが言ってくるのかなぁ。。。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
おさまっていたのに・・・

体中のあまりの痒さに目が覚めました・・・じんましんです。

 

しばらくおさまってたのに、最近また出たり出なかったりのくり返しです。

ちょっとでも疲れるとすぐに出るようになっている気がします。

 

たった3日間授業が続いただけですが、それでもひどい状態です。

 

本当にゆっくりする時間をとらないと厳しいかもしれませんね。

 

今日から熊本出張です。

その前に1つ「母の会」があります。

通称「ベビママ」と呼ばれる、小さい子どもをもったお母さんたちの会です。

季節に1回実施しているので、今日は「冬版」かなぁ。

 

今回は熊本では、どうしてもやらないといけない仕事が1つあります。

それは「よりよく生きるための50章」の録音です。

これまで、どういう考えで生きてきたか、実例を交えてお話しすることにして

います。

 

1枚1枚のCDが「自分を振り返るきっかけ」になるような気がします。

今夜は本気で準備に取り組まないと、と思っています。

だから昼間は少しゆっくりできたらいいんですけどね。

 

今日から3日間授業がないので、この間で体力的には元気になっておかないと

いけないですね。

今週もまた土・日・月の3日間連続の授業があります。

そこを乗り切れるように少しは元気になっておかないと、と思っています。

 

さあ、あと少しだけ寝ますかね。。。

| holiness | プライベート | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
準備が進まない

いつの間にか12月も10日を過ぎ、今年も残りが少しずつ少なくなってきています。

 

やらないといけないことはたくさんあります。

自分なりにはいろいろと書き出しているのですが、進まないものもあります。

 

一般に「準備ができない」理由

 

経済的に余裕がない

 

つまり、お金がない(または「入金日程が不明」)からやりたいことができない

ということですね。

 

これも意外と多いです。

経営者として「いつ、いくら入るか」がわからない、伝えられない人は最低

でしょうね。(世の中には自覚がない人が多いでしょうが)

こういう人は「全部払えるときまで黙っておいてびっくりさせてやろう」とでも

思ってるのかもしれませんが、最悪です。

「1週間後に20万払うから」 がわかれば、10日後に正月の買い物に行こうと

計画が立てられますよね。

先日の「労使見解」の勉強会でもここは考えさせられました。

 

「準備ができない」理由の2つ目は

 

自分が決定権を持っていない

 

私の場合、ほとんどが「依頼をされてやる」という立場なので、当日まで何も

知らされず、そのままその行事に参加する、なんてこともあります。

特に合宿や○○テストなど、複数の人が参加する場合は、体制やスケジュール、

準備事項などかなりきめ細かいものが必要なはずです。

 

これが決まらない、というのは「無責任」というしかないですね。

 

「準備が進まない」のは、自分がルーズだったり、忙しかったりもありますが

ほとんどの場合、「ほかの人との関係」によるものが大きいと思います。

 

私の一番のストレスはまさにそこですね。

途中経過の報告がない」ことに呆れています。

 

私の立場では少なくとも「毎日5人からは途中経過の報告がある」はずなんです

けどね・・・まあ、ブログすら見ない人もいますからね。

 

誰か気づいて変えてくれたらいいなと思います。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「気持ち」で結果が変わる

自分が「やる気がない」ものはなかなかうまくいかないものです。

 

子どもたちにも「テスト会」や「特訓」などで点数をつける機会は多いですが、

「点数が伸び悩んでいる」または「極端に下がる」場合は、「気持ちの問題」の

ことが多いですね。

 

まあ、はっきり言うと、私の授業を受けたくないってことですね。

義務感で来ているってことでしょうか・・・)

 

私は固定の授業を持っていないので、「自由枠」という選択式の授業をやって

います。

 

つまり「受けたい」子だけが自動的に集まるシステムにしたつもりが、そうでは

ない子もいるということですね。

 

子どもたちを見ていたらわかります。

「受けたいか、受けたくないか」ぐらいは一目でわかります。

「受けたくない子」を授業をするのは結構つらいものです。

 

「自由枠」のつらいところは、私には「選択権」がないということです。

通常の授業なら「担当変更」ができますが、私は自分から授業をしないという

選択ができないということ。

 

子どもたちが希望する限りはずっと授業をするということになります。

 

そして誰も希望しなくなったときが「賞味期限切れ」ですね。

 

 

1月からの「新自由枠」の案内を始めました。

少しずつ子どもたちと話をしています。

新しいシステム「自由枠フリー」にする方がいいかどうかを決めているところ

です。

 

まだ一部の子しか終わっていませんが、申し込みを出した子が自分で

「私はどうしたら?」と言ってきてくれたらいいですね。

 

そうしたら「あっ、やっぱり授業受けたいんだ」って思えて、安心します。

 

1月からの「自由枠」こそ、「私の授業を受けたい子」だけが集まるように…。

そうしたら、私も子どもたちも「気持ち」が入るから結果も違うって思うん

ですよね。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
短いほどいい!

「人をヒキツケル話し方教室」でも「ヒトスキ(人前で話すのが好きになる)」

でも話したことですが、自己紹介にせよ、スピーチにせよ、「短いほどいい」と

思っています。

 

もちろん、ちゃんと中身があるというのは当然ですが。

 

そういう点では、昨日の「事務局会議」はまさにgood!でした。

 

15:30に始まって、16:50には終わりました。

今までの感覚では18:00からの授業にバタバタと駆け込むか、途中で会議を

抜ける、という感じだったので、あの時間だと、その後の時間の使い方が

全然違うなぁって思います。

 

でもいろんなこと決まりました。

・事務局会議の日程(1月〜4月)

・「大ランチ会」について(反省と改善点)

 年に2回の大きなイベントである「総会」は6月1日、「大ランチ会」は12月1日

 で固定し、土日の場合は最初の月曜日実施。

 それぞれ「昼の2次会」「夜の2次会」を予約制で実施する。

・会報誌「Uplus」の感想まとめ

 3号の配布のしかたや4号の作成について(広告のとり方等も)

・それぞれのイベントの会計報告

などやりましたよ。

 

さらに「美人学院」から花梨倶楽部へのお願いのコーナーもあって、それが

一番長かったりして。

 

これから

事務局会議は15:30〜17:00として、その時間内で必ず終わらせる

ということにしようと思います。

 

でも、昨日は欠席の方が少し多かったので、今後は時間や曜日の見直しが必要

なのかなぁ。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
経営計画のつくり方

昨日の「同友学舎」、思いのほか参加者が少なく、最初はどうなることかと

思いましたが、少ない人数でも「原点」に返って、「労使見解」の勉強に集中

しました。

 

結論:やってよかったですね〜。

 

やっぱり「労使見解」をちゃんと読み返さないといけないな、と感じました。

今までも通算100回ぐらいは読んでいると思いますが、まだまだきちんとその内容

を理解していないなぁと反省です。

 

昨日は特に以下の一文でかなりの時間議論になりました。

 

それはこの一文です。(賞与や給与の払い方について)

 

「その支払い能力を保証するための経営計画を・・・」

 

となっています。

以前からこの部分は気にはなっていたのですが、「支払い能力を保証」とは?

ここに議論が集中しました。

 

経営計画には確かに、人件費の欄に「給与」や「賞与」が入れ込んでありますが、

それは「保証する」ということにはなりません。

 

お金が足りなくなるのを何か月前に気づくか?」

これは「あっ、今月足りない」では困るわけです。

可能ならば半年でも1年でも前にその状況がわかるように、チェックポイント

ほしいな、と思っています。

 

もう一つは

その、気づいたときの「手の打ち方」を明記しておくということ。

つまりチェックポイントの売上が不足したときの手の打ち方を決めておくことで、

その場になってバタバタすることはなくなります。

 

例えば「冬の賞与は、9月の粗利が○○万のときは出せる」というチェックポイント

とともに、「粗利が不足したときは7月の社長の役員報酬はカットする」といった

賞与を出せる『根拠』」を明確にしておきたいものです。

 

久しぶりに「労使見解」にどっぷりと浸かった2時間でした。

 

新鮮な学びがありますね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ショック。。。

朝の4時から1時間以上かけて書き上げたブログ、たった1つのキーで全部消えて

しまいました・・・かなりショックです。

今こうしてブログを書くことさえ結構きつい作業です。

 

最近また消えることが多い気がします。

 

相当な長文で、今の私の気持ちを語っていた気がしていたんですが、さすがに

もう一度書こうという気が起こらないですね。

 

テーマは「多重人格」

 

「経営者」のまとめ役、純粋な「経営者」、「花梨倶楽部における先生」、

直接授業をする「先生」、「夫として」「親として」「子として」など

そのときそのときで「期待されている役割」が違うわけです。

 

その役割に合うように、自分を切り替える作業がとても重要になると思うんです。

 

グループの「ビジョン」を考えるときは「経営者のまとめ役」

会社の「ビジョン」を考えるときは、純粋な「経営者」

「授業の」のときは「先生」だし、「花梨倶楽部」のときは「あこがれの先生」

でありたいですよね。

「同友会」に行けば、「経営者」だったり、「副代表理事」になったりします。

また、家に帰れば「夫」だし、子どもたちが来れば「親」として接します。

でも、父の「遠足」では「子」としてそこにいるわけです。

 

一日のうちでもこれらを切り替えなければならないときも多く、役割の切替の

際は10分でもいいので「何も考えない『』の時間」って必要なのかも

しれませんね。

 

もっと具体的なことをたくさん書いていたんですが、「期待されている役割」に

ついてはもっと真剣に考えていかないといけないのかもしれませんね。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
60%ぐらいかなぁ

夜の8時前から本格的に「時間割と格闘」中です。

 

ちょっと休憩でブログ書いてます。

 

今日は午前中は実家に行っていて、豪華でない普通めしを食べてきました。

(デカいハンバーグ&目玉焼き&ベーコン&サラダ&みそ汁&コーヒー…地味!)

 

昼は3時間ほど時間割の見直しをしてました。

 

その後、買い物。

(年内はあと1回ぐらいしか買い物には行けそうになくて、今日ちょっとでも

買っておいた方がいいかなぁって思って)

 

何を買ったかって?

 

いやいや本当に大したものじゃないんですよ〜(笑)

 

お年玉用の「ポチ袋」

来年の大きなカレンダー

マスク(風邪用)

水(いつも買ってるので)

松前漬(「かずのこ」と「ワサビ」)

そうそう年末年始用の「ごみ箱」も買いました。

(子どもたちが帰ってくるので、毎年ごみが凄いので)

 

本当に大したもんじゃないですね〜。

 

 

今は必死になって「自由枠」の案内を作っているところです。

明日か明後日には配布したいですね。

 

今度は「自由枠フリー」という新しいスタイルも作っているので、これに関して

は申込書を出した子は一人ずつ話をしないといけませんね。

 

う〜ん、今はまだ60%というところでしょうか。

もう7時間半ぐらいはやってるんですけどね。

あと2、3時間かなぁ。

 

3時までには寝ますよ。

 

今日も睡眠は少なそうだなぁ。。。

 

さあ、コーヒー飲みながらがんばります。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
さあ、これから作ります!

今年の中で最大の仕事にこれから突入します。

 

冬から来年3月までの時間割」と「自由枠案内」の最終版を作ります。

明日配布できるかどうかはわかりませんが、とりあえずこれから6〜7時間は集中

してやります。

 

自分がどう働くか、にも関わってくるので、いろんなことを考えながら作ります。

 

「新自由枠」についても、明日から一人ずつ確認していきます。

 

自分の体力、気力、賞味期限なども考えながら作ります。

時間割には

・先生として

・経営者として

・プライベート

3つの要素をすべて入れ込みます。

 

さらに「花梨倶楽部」「美人学院」「同友会」などのことも入れ込んで作ります。

 

さあ、がんばりますよ〜!

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
正月の思い出

「今までの人生で、正月の思い出って何でしょう?」

 

こんなテーマで始まった、昨日の3つ目の「母の会」です。

 

「トイレにお年玉を落として、おじさんに取ってもらったこと・・・(笑)」

「正月って、作って、片づけて…私は食事係か!って思ったこともありました」

「受験を理由に、ホテルに泊まってカニ食べまくったことかなぁ。。。」

「裏ブログの『今年の目標』をコメントするために、みんな早く寝ろ〜って

祈ってました〜(笑)」

「父と日本酒の飲み比べをして、人生初の二日酔いでした〜!」

 

こんな話でみんなで大笑いしてました。

 

 

そんな話から、2年前に募集した「今年の漢字」や「新年の抱負」などの

話題になりました。

 

2年前は、「漢字や抱負」を皆さんに聞いていたんですね。

去年は聞いてなかったので、今年こそは2年ぶりに聞いてみようと思います。

 

まだ早いですが、私も12月20日を過ぎたら、そろそろ今年の総括でしょうか。

(もしかしたらもっと早くするかもしれません)

 

今度はできるだけ多くの方にコメントでお知らせいただけるようにしたいと

思っています。

 

 

私の正月?

 

会社をつくって4年目にどん底まで落ちて、その後、危機を何とか乗り越えて、

食べていけるようになったときに、2つのことを始めました。

 

1つは「初詣

それまでは一度もちゃんと行ったことがなかったのに、それからは毎年欠かさず

行っています。

自分と関わるすべての人が幸せになるように」を祈っています。

 

もう一つは「一族会

お盆と正月に、自分と近い親族だけを集めて食事会をするようになりました。

みんなに食べたいものを何でも食べてもらうためです。

感謝の気持ちを表すため」ですね。

来年は1月2日に「大人13人、子ども5人」の合計18人でやります。

 

まだ、今年を総括するにはちょっと早いですが・・・。

相変わらず忙しい一年でした。

でも基本的には「幸せな一年」だったと思います。

 

詳しくはまたどこかで書くことにしますね。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |