無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
終活は大切

昨日は実家に泊まったので、今日は自宅に戻ると、予定していた「終活」のため

葬祭場の見学会に参加してきました。

 

葬儀のことについては、何となくわかってはいても、まだまだ細かいところが

理解できていないんですね。

 

誰かが亡くなったときの不安をゼロにしておかないといけないと思っていました。

また、自分がなくなったときの準備ってどの程度できてるのかな、というのも

再度考えさせられました。

 

特に、葬儀の値段は意外と知らないですよね〜。

さらにお坊さんへのお布施の額、お車代なども教えてもらいました。

(葬儀の価格って、確かにスケールメリットが働いてるなぁ、と実感です。

規模の大きい方が安くなる可能性は高いでしょうね)

 

エンディングノートもいただきましたので、これも少しずつ埋めていこうと

思っています。

遺産がたくさんあれば、遺言も必要だけど、私の場合は要らないかなぁ(笑)

 

お墓も、自分が死んだ後もそのままにしておくのか、納骨堂に移すのか、も

話題になりましたね。

 

私は、自分が亡くなったときの葬儀費用は、保険で積み立てていますが、

それより、私が先に亡くなって、その後一人残された妻が亡くなったとき

どうなんでしょうね?

息子や娘が本当にやってくれるんでしょうか?

 

私はこれまで、その部分をまったく考えていなかったのは確かです。

 

でも、ちゃんとそういう保険もあるんですね。

配偶者(夫)が亡くなった後、一人残された側(妻)のことまで考えて準備

することが終活ですよね〜。

昨日のうちにちゃっかり入りましたけどね〜(笑)

 

残された人がまったく困らない状態にしてあげておくこと。

これを今日から少しずつ少しずつ進めていきたいですね。

 

とても有意義な時間でした。

| holiness | プライベート | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2019/06/12 5:31 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2019/06/13 1:45 PM posted by: holiness
F26さん、コメントありがとうございます。

「終活」とは自分自身だけではなく、自分の身の周りの人についても考えないといけないなぁと感じます。

これからじっくり時間をかけて「エンディングノート」書いてみます。
その中でまた必要なことが見えてくるかもしれませんね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4462