無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
母の思い

私の母は字を書くのが苦手で、私の目の前で自分で字を書いたことがありません。

(私が物心ついてからずっとです)

 

父がいるときは父が、私がいるときは私が書いています。

 

 

昨日のこと、教室でタオルを交換するとき、いつものタオルが切れていたので、

父が別の病院に入院するときに母がまとめて買っておいたものを使おうと

思いました。

 

結局、父の入院のときには、私が買っておいたタオルを使い、母が買った分は

私が教室に預かっておいたんです。

 

そのタオルを1枚とって、タオルかけにかけようとすると・・・

 

 

 

タオルの端っこに「ホリキリ」とカタカナで書いてあります。

ほかのタオルも調べると、数十枚のタオル全部に「ホリキリ」と書いてあります。

(今回は名前を出してもいいと判断しました)

 

字をまったく書かなかった母。

その母が、父の入院の際、着替えやタオルを準備するときに、どんな思いで名前

を書いたのか・・・

 

母の父に対する思いにちょっとウルッときてしまいました。

| holiness | プライベート | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2019/06/06 12:40 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2019/06/06 5:15 AM posted by: holiness
T.Fさん、コメントありがとうございます。

ふだんやらないことをがんばってやる親の姿ってちょっとウルッてきますよね〜。

お父様のT.Fさんに対する思いが一言に凝縮されていて素敵です。
2019/06/06 7:29 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2019/06/06 5:04 PM posted by: holiness
F26さん、コメントありがとうございます。

両親の生きてきた歴史って、自分とは切り離せないですもんね。
その延長上に「終活」の問題もあるんでしょうね。

少しいろんなことを勉強したいと思います。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4449