無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
明日覚えていられる「今日」を

午前中は父の病院へ行って、帰りに教室に寄って、教材を預けてきましたが、

それからは「気楽な一人暮らし」でした。

 

う〜ん、何もしなかったなぁ。。。

教材を何枚か作って、飲みたいだけコーヒー飲んで、近くの公園に散歩に行って

ひたすら「サスペンス」を見て、ダラダラしてました。

 

以前は「何もせず、何も考えず、ダラダラする日」ってすばらしいと思っていた

し、自分にはそんな時間が必要だな、なんて思ってました。

 

実際はいろんな「気になること」もあるのに、それを「忘れたふり」をして、

ダラダラしようとしていたわけですね。

これっていいことなのかなぁって思うことがありました。

 

まあ、私自身も「忘れたふりってダメなんじゃないか」って心のどこかで思って

いたんでしょうね。

 

何週間か前、サッカーの元日本代表の中田英寿さんのインタビューを見て、頭を

ガーンと叩かれた気分になりました。

 

「何も考えず、ダラダラするのは僕は嫌いです。

明日になって『昨日何をしたかなぁ?』と思うような、記憶に残らない『今日』

は送りたくないんですよね」

 

こんな感じの話です。

明日になって思い出せない今日を過ごすな」ってことでしょう。

 

そう、私がこれまで習った先生の中で、最も尊敬している先生から言われた

言葉を改めて思い出しました。

 

今日を飾れ、今日を人生最高の日にせよ

 

忘れてたかもしれませんね。

「何もない日」はないのかもしれません。

 

毎日「今日が人生最高の日」っていう気持ちで過ごさないといけないのかも

ですね。

 

今日はダラダラしてましたが、明日からは「人生最高の日」を積み重ねていこう

かなって思ってます。

 

いや、一日中「最高の日」をめざすのではなく、ほんの一瞬だけでも「最高」

をつくれたらそれでいいですよね。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4376