無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
得意技を磨く

今頃になって「母の会in加治木」のお話です。

もう2日いや3日経ってしまいました・・・スミマセン。

 

お子さんが卒業されても、「若いお母さんたちのために」ということで引き続き

母の会を続けていただいています。

 

今回は今年卒業された方が3人いらしたので、卒業後のこと、在学中の体験など

「思い出話」みたいなものが多く、あまり「母の会」らしいお話ができなかった

な、と反省です。

 

これからいろんなことが始める方には、あまりよくなかったかもです・・・。

 

そんな中でも、今度私立の中学校に入った方から塾の相談がありました。

「もっとがんばりたいから塾に行きたい」

とてもすばらしく、前向きな言葉ですね。

ただ、中1のこの時期だと「先取り」ぐらいしかがんばりようがないですね。

もう少し、習ったことが内容的に厚くなったら復習もいいですけどね。

 

まあ、当面は個別の塾で様子を見てもらうのは?というお話をしました。

 

そういえばこの方は小学校の頃から「英検」に挑戦されていて、すでに中学生

が受ける3級は持っているとのこと。

 

これだ!と思いましたね。

 

せっかくの「得意技」大切に伸ばしてほしいと思います。

中学校で準2級、2級、高校で準1級、1級まで挑戦するつもりで勉強したら

どんなに凄いことになるだろうって思います。

(大学入試にも圧倒的に有利になりますからね)

 

習い事の延長のこともありますが、子どもたちの「得意技」見つけてあげたい

ですよね。

そして見つかったらそれを伸ばす方法を一生懸命考える。

これってとても大切な親の役割ですよ。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4369