無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
小さな親孝行

昨日は父の月に1回の診察の日でした。

 

朝8時には自宅を出て、母と父を連れて病院に行きました。

 

いつものように採血と検尿をしてから診察という流れでしたが・・・

採血でちょっとした問題がありました。

 

採血できなかったんです。

今まで一度だってそんなことはなかったのに、何回も刺したり、同じ場所でも

深さや角度を変えたりして、父が看護師さんのされるがままで耐えているのが

あまりにもかわいそうになり、「今日はもう結構です。あまりにもかわいそうで、

今日は連れて帰ります」と言いました。

 

父のせいなのか、看護師さんのせいなのかわかりません。

でも、結果として、患者を苦しめることはあってはいけないと思うんです。

 

その後、担当医の先生と看護師さんと話し合いました。

今回の件はどうして起こったのか、原因は?については話題になりません…。

ちょっと残念でしたね。

 

もともと入院している病院からもう少し近い病院で診てもらえないか、という

希望を出していたので、その件も併せてお話ししました。

 

明日「紹介状」を書いてもらって、紹介された病院に連絡してみます。

 

父には負担が大きいですが、近いうちにもう一度採血ですね。

 

昨日は何の診察もなかったんですが、結局3時間以上かかってしまいました。

母もかなり疲れていましたね。

ただ、帰りに一緒に少し遅いお昼を食べると

「お腹いっぱいだね、あ〜っ、おいしかったぁ」と言ってくれました。

これも「小さな親孝行」ですよね。

 

さあ、今日も朝8時過ぎには出かけますよ〜。

まずは紹介状をもらわないといけないですからね。

| holiness | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4360