無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
初開催!

大口地区での「母の会」、今日が初開催でした。

 

これまで出水でやっていたんですが、主宰者の方が鹿児島へ転勤になられたので

大口の方が「大口でやっていいなら・・・」と手を挙げてくださいました。

大口の主宰者の方の段取りがすばらしく、「ああ、これを行動力って言うんだな」

と教えていただきました。

 

新水俣駅で降りて、そこまでお迎えに来ていただいて、会場になったカフェに

行きました。

 

山の中の一軒家みたいな感じで、「隠れ家」という趣のこのカフェ、ご飯も

なかなかでした。

「たけのこづくし」の料理をお腹いっぱいいただきました。

 

2か月に1回のこの会が楽しみになりそうです。

(別に食べ物に惹かれて行くわけじゃないんですよ〜)

 

初めてお会いする方も何人かいらしたので、できるだけいろんなお話をした方

がいいか、と思って少しずつお話をしていきました。

 

一番重視したのは「『不』から話を始めないこと

子どもたちに何かを話すとき、つい「ダメなところ」「気にくわないところ

から話してしまうんじゃないでしょうか。

それを「いいところ、得意なところ」から始めたら、もっと素直に聞いて

もらえるんじゃないか、と思うんですね。

 

そして「拙速」という言葉(ふだんはあまりいい意味では使われませんが…)

カンペキでなくても速い方が相手は喜ぶ」ということを、社会で生きていく上

で教えてあげてほしいということもお伝えしました。

 

早く仕上げるということは、「修正の時間がたっぷりある」ということです。

しかもそれを提出した人と受け取った人の両方で修正できるので、その精度は

一気に上がります。

これが、締切直前に「(自分で)カンペキ(だと思ったもの)」を出すと、

仮に間違っていたら修正ができず、大失敗ということになります。

また、受け取る側としても、直前まで何の連絡を受けなければ不安でしょうが

ないですよね。

 

これって、「思ったこと」を「行動に移す」スピードが大切なのと同じですね。

 

今日はほかにも

発達障害についての考え方

将来がまだ決まらない場合の進路について

・10歳過ぎたら「尊敬できる大人」が必要

などのお話もさせていただきました。

 

次回はもう少しお一人ずつのお話を聞かせていただきたいと思います。

次回は6月25日ですよ〜。

出水の方、大口の方、もちろん鹿児島市内の方も、おいしいお昼ご飯食べたい方、

自然に触れたい方は一緒に参加しませんかぁ。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4358