無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
好きと思い続ければ必ず実現する

先週の月曜日の「母の会」までやっとたどり着きました。

 

初めて行った「お寿司屋さん」でした。

いつも前を通っていたんですが、中が見えないので、興味津々のお店でした。

 

「刺身丼+そば+サラダ」のランチですが、さすがはお寿司屋さん、とても  

おいしくいただきました。

 

さて、「合格した大学が〇〇しかないけど、希望の学部でないから行かない」と

いうお話をよく聞きます。

(本来は受けた段階で興味はあるはずなんですけどね)

 

医学部、歯学部、法学部など国家資格をとるためにそこに行かなければいけない

場合を除いて、「選んだ大学で将来は決まらない」と言えます。

 

「好きで好きでたまらないこと」があれば、それは必ずいつかは自分の前に現実

となって現れてくれるものです。

 

私自身、高校生のとき、どうしても「農業」がやりたくて、農学部に行くこと

を希望していましたが、私が学生の当時、農学部はあまり人気がなく、先生の

勧めで、結局まったく違う学部をめざすことになりました。

 

結局はその学部にも進まず、数学の先生になったわけですが、その道を一生懸命

進んでいると、やりたかった「農業」への道が開けてくるんですね。

 

本当に好きなものは脳が忘れません

頭の中にずっと残っているので、いつの間にかそっちの方向の可能性も探るよう

になるんだと思うんですね。

 

だから「〇〇に行けなかったら私は終わり」みたいな考え方だけはしないように

したらいいと思うんですね。

 

それ以外にも「発達障害」や「学習障害」の子どもを持った場合の親の心構え

話題になりました。

これについても、まずは「客観的なデータを把握する」こと。

ほかの人に聞いた話、本やネットで知った情報をうのみにせず、あくまでも

客観的な情報を元に、誰かに相談しながら判断する、ということを忘れないよう

にしたいですね。

 

当日はそのお母さんは参加できてなかったんですが、いつかはぜひ参加して

もらえたらいいな、と思います。

 

小学校に入る前の子どもの勉強についても相談がありました。

勉強も、ですが、「家族で話し合う」習慣はとても大切だなと思っています。

 

そういえば、この会も主宰者の方がお仕事に集中されるとのことで、主宰者は

難しいかな、とおっしゃっていたので、「この会も終わりかなぁ」と思って

いると、若いお母様が引き受けてくださるとのこと。

とてもありがたいことです。

 

今のところ、新しい年度になっても「母の会」はそのまま実施していただけると

いうこと、さらに1つ加わったぐらいです。本当にありがたいことです。

| holiness | 先生として | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2019/03/03 10:45 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4246