無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
幸せだった〜

「母の会」のこと、ブログが全然追いついてませんが、少しずつですね。

昨日の「母の会」、会場に行ってみると、参加者は12名で、ずいぶん多いなぁと

いう印象でした。

 

初めての方、2回目の方、久しぶりの方、いつも参加される方、といろいろでした

が、自己紹介の後は「新しい道」の話でしたね。

 

新学年になって気をつけること、

浪人や受験での選択肢の中のどれを選択するか

3か月後、半年後はどうなるのか

久しぶりに「塾に入りたい」という話もありました。

 

などといったことが中心にはなりましたが、こういう「母の会」での要望を

きいてあげられるのは、私が直接やっている「自由枠」だけです。

 

できるだけ子どもたちやお母さんに近い存在として「自由枠」を位置付けて

いきたいと強く思ったところです。

 

昨日感じたことが2つ。

1つは「浪人で『遊ぶ』感覚」について

これについて、いいとも悪いと極言するのは避けますが、浪人とは「覚悟を

決めて勉強する」ことだと理解していますが、その子にとっての「覚悟」って

何なんでしょうね。

 

今後、浪人という選択をする場合、最初の段階で「覚悟とは何なのか」を

考えることが大切かなって思います。

 

もう一つ

あるお母様から、「うちの子は先生に習えて幸せだった、って言ってます」

と言っていただきました。

最高のほめ言葉です。(私こそ、教えることができて幸せでした)

 

いつかは、私が「個人的に教えられる」機会がやってくるとすると、その際は

システムに縛られるのではなく、「子どもたちにとって大切な瞬間」を支えて

あげられるような授業をしたいなって思っています。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4244