無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
経営について考える

市立病院が終わった後、仲良くさせていただいている「K社長」と食事に行って

きました。

 

社長のところから、父の車いすを購入させていただいたので、その代金の

お支払いのついでに「一緒に食事でもどうですか?」とお誘いいただいたので、

今日、市立病院近くのファミレスに行ってきました。

 

お互いの会社経営の近況報告しながら、共通点に納得したり、自分自身の姿勢

を見直す必要性を感じたり、・・・とても貴重な時間でした。

(最近は社外の経営者と話す機会が少なくなったので新鮮です)

 

今日お話をさせていただいて、感じたことが2つ。

 

まず「社内で経営の勉強会を始める」こと。

本来は社外に出て、そういう勉強はしてほしいところですが、なかなかそういう

時間も取れないようなので、社内でやることを検討しないといけないと思います。

特に「労使見解」については、具体的に伝えないといけないです。

 

もう一つ「現在進めている『粗利経営』をもっと突き詰める」こと。

粗利から「使うべきもの」を引いて、ちゃんと利益が残るような経営を心がけ

なくてはいけないと思います。

目の前のお金」に振り回されて、「使うべきもの」が見えなくならないように

しないといけないですからね。

 

「月次決算」の考え方からもう一歩踏み込んで、「独自の粗利経営」の本来の姿

をめざしたいな、と思っています。

 

高々2時間ぐらいの食事でしたが、とても有意義でした。

これから「経営者なら誰でもつきあう」のではなく、「尊敬できる経営者と

つきあう」ことを心がけたいものです。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4207