無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
厳しい環境に身を置くために

意外と分刻みのスケジュールだった今日、最初は「母の会」

 

お昼はパスタでした。

大盛にしていただきましたが、おいしく食べられました。

しかし、しかし、食後のコーヒーはちょっといただけない・・・

久しぶりに「えっ、これ、コーヒー?」と思うようなものが登場。

香りとコクのないコーヒーはやっぱり落ち着きませんね。

 

その分、後で頼んだグアテマラのコーヒーのおいしいこと。

かなりいい気分になりました。

 

今日は久しぶりに会う方も何人かいらしたので「近況報告」の形になりました。

 

お子さんの受験状況、大学の単位取得の状況、習い事など興味深く、楽しいお話

ばかりでした。

みんなでずっと大笑いしてました。

 

そんな中、浪人する場合の予備校をどうするか、とか素直でない子にどう対応

すればいいのか、みたいなお話も出て、厳しい環境に身を置くことの難しさを

考えるきっかけになりました。

 

私は、子どもたちは「厳しい環境に身を置けば、その分磨かれる」と信じて

いますが、その環境で挫折してしまう子もいるのは事実です。

 

その際、最も重要な条件は「生活がちゃんとしていること」です。

特に「朝、起きる時間」についてはご家庭で厳格にしておくべきだと思って

います。

 

怒ってばかり、の厳しい環境では子どもたちは育ちません。

でも、「きちんとした環境」でなら子どもたちは育ちます。

 

何から手をつけていいかわからない、という場合は「朝、起きる時間」を徹底

することが一番いい手だろうなって思うんです。

 

ここ数回の「母の会」は先日の「保護者会」の内容、

特に、「時代が変わる」ことに対する意識を高めることに対する意見がとても

多いように感じます。

 

確実に時代は変わります。

世の中がどう変わるかを考えて将来の選択をしないと大変なことになる

思いますね。

 

このことについては、少しずつ、くり返しお話をしていかないといけないな

と思っています。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4200