無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
浪人することの意味

昨日の「母の会」、中央駅近くのカフェでありました。

 

最初は受験の話。

何年まで浪人させるべきか」ということが話題に。

 

もちろん、本人の希望があれば何浪してもいいとは思いますが、「努力の成果」が

見えないのであれば、もう浪人はやめるべきです。

(極論ですが、浪人中は友だちと遊ぶことも我慢すべきだと思っています。

大学に行った友だちと遊ぶことはあまりお勧めできないですね)

 

「浪人」は現役のときにできなかったことを1年延長してやることによって、

何らかの「成果」を得るためにやるものです。

 

成果って?

点数や順位はもちろんです。

しかし、それだけでは測れない部分もあります。

「朝、きちんと起きられるようになった」

「時間にルーズでなくなった」

「自分の意見をきちんと表現できるようになった」

「性格が温和になった」

「一人で行動することができるようになった」

「将来の姿を具体的に描けるようになった」

など、「人間的に前進した」のであれば、浪人する価値はあると思うんです。

 

浪人を続けるかどうかは、この「人間的に前進したかどうか」によりますね。

 

「母の会」のメインは違うテーマだったんですけど、それはまた次で。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4174