無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
長すぎる!

昨日は父の検診の日で、朝7:30に自宅を出て、母を迎えに行き、その後父の

入院中の病院へ行って、検診を受ける病院に行きました。

 

検診が10:00からだったので、ここまでにすでに2時間半もかかっています。

 

父の病院は、私の市立病院とは比べ物にならず、異常に長くかかります。

午前中で終わったことはまだありません。

 

昨日も着いてすぐ採血、これで10:10ぐらいです。

ここから1時間ぐらいで結果が出るので、「もしかしたら午前中に終わる?」と

期待していたんですが、12:00まで何の音さたもなし、周りの人はほとんど

帰ってしまった頃のことです。

次はうちか・・・と思って、ふと見ると、主治医の先生が私服で外に出ていく

じゃありませんか!

(その後看護師さんが来て、いろんな言い訳をしてきましたが、要するに1時間

は先生は出かけてしまったので、ただ「待つだけ」ですよ、ということ)

 

仮に何か特別な理由があったにしても、「あと一人」は診ることはできたんじゃ

ないかって思います。

 

13:10に先生が帰ってくるとすぐに部屋に呼ばれ、先生の話を聞きました。

前回の検診のときと言うことが違っていて「?」と納得できないこともあり、

そこを詳しく聞き直すとしどろもどろに・・・

 

そこからさらに30分後、やっと治療です。

すでに14時前です。

治療が終わり、次回の検診の確認などが看護師さんからあったときに、私が

聞いていない治療をやっていることが判明しました。

「必要な治療だから家族に言わなくてもいい」ということはありませんね。

みんなが同じ方向を向くことが大切なことでしょうから。

 

その説明にまた数十分待たされました。

慌てて、これまでの治療や入院のデータを取り寄せていたようです。

これまでの経緯、今後の予定を、改めて説明してもらって、さらに現在入院

中の病院への手紙を待ってから、会計をして終わりです。

 

母もかなり疲れていて、低血糖にならないか心配しました。

父も普通のもの(水やお茶も)は呑み込めないので、ゼリー状のスポーツ

ドリンクみたいなものを買って飲ませると、おいしそうに飲んでいました。

 

そこから父を入院中の病院に連れて帰り、母を送り、自宅に帰ってきました。

自宅に帰ったときはすでに16:30を回っていました。

長すぎましたね〜。

ここまで9時間、一瞬も目が離せない、緊張した時間が続いていたことに

なります。

 

正直言って疲れました・・・。

15:30からを予定していた会議にも参加できませんでした。

今日決めておかないといけなかったこともあったのに・・・。

 

あのとき、先生が1時間出かけていなければ・・・。

 

父と母の世話をしているときは、何が起こるかわからないので、一瞬も目を

離すことができません。

トイレのタイミングさえ気を遣います。

 

メールとかいただいても返信できないことも多いです。

無視してるわけじゃないんですよ〜。

本当にすみません。

| holiness | プライベート | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
2018/12/22 6:36 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4102