無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
マイナスの言葉

父の「遠足」が終わり、母を実家まで送った後、急いで教室に向かいました。

 

11:30からの「母の会」に滑り込みセーフでした。

 

いつもの「かつ丼とそば」のセット(勝手にセットにしたんですけど…)を

食べながら、楽しい時間を過ごしました。

 

先日TVを見ていたら、お子さんを立派に育てたお母さんの話が話題になって

いました。

 

私は今まで娘を叱ったことは一度もありません。もしも悪いことをして

しまったとしたら、『こんな方法もあったかもね』と自分で選択できるような

話し方をしてきました」

 

だいたいこんな内容でした。

実は、私も今まで両親から叱られたり、否定されたりしたことはありません。

(だからわがままに育ったのかもしれませんが(笑))

ただ、「可能性を否定されなかったこと」はとても感謝しています。

 

今日はまだお子さんが小さい方もいらっしゃいましたが、「マイナスの言葉

使わないようにしよう」というお話が出ました。

 

子どもが小さければ小さいほど、子どもの世界に占めるお母さんの割合は絶大

です。

だからこそ、「お母さんの言葉が子どもを育てる」と自覚しておくべきかも

しれませんね。

 

「反抗期」や「将来の入試改革」「成績の見方」「習い事」などもお話し

しましたが、まだ先のことであっても「いつかはやってくる」ということを

知っていることが、心の余裕につながる」と思うんですね。

 

お子さんがまだ小さい方には「私にはまだ関係ない」と思わずに、積極的に

こういう会にも来てもらえたらいいなと思います。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/4093