無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
負担の割合

昨日の夜、2月の時間割を見直しながら(大幅に修正が入ったので・・・)、

2月も休みは2日だけなんですが、その2日のうちの最初が23日でした。

こりゃあ、厳しいぞ、って感じですね。

 

授業は「25人の個別と10回の勉強会と特訓が(1.5〜3時間)×21講座」を担当して

います。(これで、自由枠だけです。)

これだけでもかなりの量を奪われています。

時間数にして80時間弱ぐらいなので、準備を入れると160時間ぐらいかかる計算

ですね。

まあ、授業の準備を仕事の時間の中に入れるというのはプロとして恥ずかしいこと

ですから、80時間として通常の13日分ぐらいの仕事量でしょうか。

 

しかし2月はこれに「高3生の2次対策」が加わります。

おそらく30時間分ぐらいでしょうか。

これで、110時間(だいたい18日分ぐらいですね)

 

それ以外に母の会が15回、神戸出張3日間、熊本出張2日間、・・・

結構つぶれるんですね。

これに責任者会議、美人学院、同友会、と加わったら・・・

(だから出張と責任者会議はしょうがないですが、それ以外はすべて勤務時間外

でやっています)

 

その中で「父の病院・母の病院」へ行くのを入れ込まないといけないわけで、

まあ、自分の時間はほとんどないことがよく分かります。

 

これにたぶん皆さんが想像している以上のメールが毎日数件ずつ。

いわゆる「相談&お願い」メールです。

 

私は基本的に面談をしていません。

保護者の方と直接お話しすることも「母の会」以外ではありません。

面談をしたくないのではありません。

時間がなくて、言ったことの責任がとれないからです。

 

 

今日は朝から「教材作成」を落ち着いてやりたかったので、昨日の夜は

10時には布団に入りました。

それでも夜の12時以降今までで15件のメールがきています。

 

メールについては「返信や結果」を期待しないメールがありがたいです。

先生に知っておいてもらいたい」という気持ちで送っていただけたら

いいと思うんです。

 

 

 

私は「いい加減な授業」をするつもりもありませんし、子どもたちに対して

テキトーな感じ」で接するつもりもありません。

だから、信用していただきたい。

子どもに合わなければ、自由枠はやめて、ほかの授業に変えればいいだけのこと

です。

 

私は今「自分で受けたいと言った」自由枠の子だけを教えています。

「親が無理やり」や「親に言われてしかたなく・・・」はいないはずです。

 

 

私は「自由枠」の授業時間以外は「先生」ではないつもりでいます。

会社の「経営」であり、自分自身の勉強が中心だと思っています。

 

今後、自分の中での「負担の割合」を変えていかないと、やりたいことは何も

やれない状態になりそうな気がしています。

 

やっぱり「先生」としての割合を減らすしかないよなぁ。。。

もう少し考えていきますね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/3411