無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
原点に返る

今日の「母の会」の1つ目、「美人学院」の教室でありました。

人数が多いときは、ここの方が話はしやすいかもしれませんね。

 

さて、今日は「ベテラン」と「新人」に分かれていました。

 

私たちの塾は「すべてのニーズに応えられる企業グループをめざします」と理念の

中に掲げています。

 

「こんなことできないんですか?」と言われたら、何とかしてそれに応えられる

ような仕組みをつくってきました。

おかげで、勉強に関してはあらゆる悩みに対応できるだけのメニューは揃えてきた

という自負はあります。

 

ただ、その分、講座の種類が多く、初めての方には「いったい何のこと?」と

理解ができない部分が多いのも事実です。

 

先日の研修でも「原点に返る」ことを各会社の責任者にはお願いしました。

 

2つある塾の基本は「1対1の完全個別授業」です。

生徒一人に先生一人がつく、「完全個別」が基本です。

 

これをまずきちんと伝えていかないとなぁ、と思っています。

 

「自由枠」にしろ、「合宿」にしろ、「特進コース」にしろ、それ以外の講座は

あくまでも「プラスアルファ」であることをきちんと伝えなければ、と思って

います。

 

今日の「母の会」でも、「何を受けていいかわからない・・・」という悩みも

お聞きしました。

 

私が説明できることにも限界があるので、スタッフにも「原点に返る」ことを

改めてお願いしないと、と感じました。

 

 

また、今度高校受験の方には「複数の選択肢を準備する」ことをお話しして、

「将来の子どもにプラスになる」方向を勧めてあげるようなアドバイスをして

あげてほしいとお願いしました。

 

 

私の「自由枠」が混乱させている原因だとすれば、それをやめればいいのですが

そうはいかないようです。

 

「プラスアルファ」を望む子のために「自由枠」をつくったわけなので、もっと

スッキリと「選択」できるようにしてあげたいですね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog1.2002apex.com/trackback/3304