無料ブログ作成サービス JUGEM
意外と逆境・・・

1週間ほど前、会社のPCがエアコンから垂れてくる水のせいで壊れました。

 

エアコンをかなり恨んでいたら、昨日自宅のエアコンが壊れました・・・。

(まさか「エアコンのたたり」とかないですよね(笑))

 

PCがないとほとんど仕事ができないのでちょっと困っています。

そして、疲れて自宅に帰ると30℃以上の暑さがやってきます。

 

意外と「逆境」ですよ〜。

 

集中力は戻ってきましたが、今の状態をクリアするのは難しそうです。

いくら何でも「逆境が自分を強くする」なんて思わないですからね。

 

電化製品って壊れますよね〜。

去年も洗濯機、冷蔵庫と買ったのに・・・

 

 

せめて夏休みに入る前には両方とも解決しておきたいですね。

 

せっかく体の調子が戻りつつあるので、この状態で何とか夏休みを元気で

乗り切りたいと思っています。

 

まずは環境ですかね。

 

 

PCとエアコンが壊れていても、体調は順調に戻っています。

(痒みが消えたとは言いませんが、軽くはなっていると思います)

 

腕「−10」頭「−20」顔「0」背中・胸「−20」足「−10」体調「0」

合計「−60

 

いよいよあと少しです。

 

まずは環境を整備して、この「元気になる流れ」を止めないように

したいですね。

| holiness | 人として | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
to do リストのその後

自分のやるべきことをリストにして、一つずつチェックする、いわゆる

「to do リスト」のことを書いてから何日か経ちます。

 

何人かの方から「ノート買いました!」というメールやコメントいただいて

います。

 

「やるべきことを書く」のはあたりまえなことですが、これを違う視点から見て

みようと思って、今まで「紙」に書いていたのを、「ノート(A5 サイズ)」に

書くことにしたんですね。

 

まず「やるべきこと」ではなく「やりたいこと」を書くこと。

つまり「to do リスト」ではなく「want to do リスト」なんですね。

 

例えば「朝食」と書いたら、そこに(  )書きで(豆腐と納豆)みたいに

自分の食べたいものを書くんです。

 

私なんか、コーヒーが好きなので、このリストにも「コーヒー」と書いて

あるんですけど、「コーヒー、コーヒー、コーヒー」って3つぐらい書いておく

んですね。

もちろん3杯飲みたいから、ですよ。

そして1杯飲むたびに1つずつ消す。

 

好きなことをして、さらにチェックもできるので「満足感」と「達成感」が

同時に得られます。

 

もう一つ、その日にできなかったことの処理です。

今までは、翌日の分にまた同じものを書いていたんですが、もしかしたら

スケジューリングの失敗かもしれないんですね。

つまり、「その日にやるべきではなかったこと」かもしれないわけです。

 

だから、夜にできなかったことを確認して、「本来やるべき日」にそれを移す

作業をやっています。

日付を先まで書いておけばそれが可能になります。

これはノートだからできることですね。

 

また「バランス」がとても大事だと思うので

プライベート」「先生」「経営者」の3つがいいバランスで書けるように

工夫しています。

 

まあ、まだ作り始めたばかりですが、同じノートを2冊買ったので、その2冊が

終わる頃には何か見えてくるかもしれませんね。

 

まずは「続けること」です。

 

 

この「to do リスト」のおかげで、今日は朝の4時から14:00まで

10時間連続で勉強してました。

途中の休みはお昼ご飯だけ。

いやあがんばりました。

 

このリストがなかったらできてないでしょうね。

 

集中力も戻りつつあるので、このノートが大きな力を与えてくれそうな気が

します。

| holiness | 人として | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
体力に挑戦!

久しぶりに忙しい日になりそうです。

 

朝のうちに父の病院に顔を出してきます。

 

その後

11:30〜13:00 母の会 中央駅近辺です

13:30〜15:00 母の会 荒田近辺に移動します

15:30〜17:30 事務局会議&講演会準備委員会 美人学院であります。

 

この後1つだけ打ち合わせを済ませてから「3人会」です。

今日は「3人会」がいつもより早く20:00からなんです。

(いつもは仕事が終わった後の22:30から)

 

久しぶりに「朝から晩まで」忙しい日ですね〜。

 

体力は徐々に戻ってきていると思いますが、乗り切れるかどうかはまさに

体力勝負」です。

 

「無理はしない」程度にがんばりますね〜。

 

夜も少しは早く帰ろうかなぁ。。。

 

こんな日をどう乗り切るかで、これからの忙しい日の過ごし方、あるいは

自分自身の体力の限界などもわかるんでしょうね。

 

昔なら普通だった「母の会×3つ+打ち合わせ+飲み会」が今の私にとって、

どの程度のダメージになるのか、まずはそれを把握してこないといけない

ですね。

 

「無理はしない」を自分に言い聞かせながら一日を過ごします。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
to do リスト

「to do リスト」つまり「その日にやるべきことを紙に書き出しておく」こと

は自分の頭を整理する意味でもとても価値のあることだと思っています。

 

以前は「ふせん」に書いていましたが、もっと小さいことも書きたいと思い、

いつの間にやら「A-4 サイズの紙」になりました。

 

私はいつも3つに分けて書き出しています。

プライベート」「先生としての仕事」「経営者としての仕事」とそれぞれで

毎朝起きてからの数十分を「to do リスト」を書く時間に充てています。

 

そして、最近またこの「to do リスト」を書くのが楽しくなってきたんです。

まるで、「将来の自分をつくっている」みたいで、書いているうちに「思い通り

の自分」になれるんじゃないかって思うぐらいです。

 

だから、今日は、お昼に「100円ショップ」に行って、「A-7」サイズのノート

を買ってきました。

 

今度は「連続性」を持って、「to do リスト」に取り組んでみようと思った

からです。

 

さあ、新しいこのノートで、新しい「自分」をつくれるかもしれませんね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「モノ」より「思い出」

ずいぶん昔、車か何かのCMで、「モノより思い出」っていうフレーズが

ありました。

 

子どもたちへのプレゼントとして「車でどこかに思い出づくりに出かけよう」

みたいな内容だったかと記憶しています。

 

6月1日の「あじさいパーティ」で、「○○検定」をやって、そのプレゼント

として、「モノ」ではなく「ランチ会」みたいな「コト」をあげようと思ったん
です。

 

これまでに「少人数ランチ会 廖屬泙爾修丱張◆次廚終わり、今日は

「少人数ランチ会◆廚任靴拭

残るは「ピクニックin○○公園」です。

 

どんな内容かっていうと、普通の「母の会」と同じです。

今日は中央駅近くの「寿庵」で、4人でのランチ会でした。

 

お子さんの話、もちろんたくさん出ましたよ。

悩んでいることは、言葉にすると半分ぐらいは解決します

それを聞いてあげる場ができるだけたくさんありますように、と思います。

 

また、水害の話も当然出ました。

 

でも、メインは「日本の国力」についてだったかもしれませんね。

 

人口減少にどう対応していくのか。

移民政策は考えなくていいのか。

「働き方改革」のうち、残業をなくしていく改革は、平均的な層の生活を

圧迫するのではないか。

将来なくなっていく仕事のこと。

就職しても早期離職する若者たちのこと。

日本の国土を外国の人たちが買い漁っているという話

 

結構いろんな話が出ました。

そして「時代は確実に変わっていく。しかもものすごいスピードで」という

ことをみんなで確認しましたね。

 

「母の会」では、どうしても「子育て」などの縛りがある関係で、テーマが

少なくなりがちですが、こういう会では「フリートーク」がとても楽しいもの

です。

そして「フリートーク」だからこそ、考えさせるところもあるんです。

 

 

昨日の夜、「○○会」(個人名が入るので○○としています)がありましたが、

そこでも「プレゼント」についてのことが話題になりました。

 

モノより思い出」になるようなプレゼントってあげられないのかなぁ。

そんなことをいつも考えています。

 

まあ、クリスマスぐらいまでには思いつくでしょう(笑)

のんびり考えます。

 

「クリスマスパーティ」、今年もやりますが、プレゼントをお楽しみに〜。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
休むことの意味

土日の授業が終わると、やっぱりちょっとグッタリしますね。

 

復帰以来、たぶん普通の体と、普通の感覚になってると思うんですね。

 

「疲れたら休む」

このあたりまえのことができなかった最近までの私です。

 

休むことは悪」みたいな考え方がどこかにあったのかもしれませんね。

 

そして、その「休まない習慣」が少しずつ体を壊していったんでしょうね。

 

今は「疲れたら休む」ではなく、「疲れる前に休む」意識を持とうと思って

います。

 

 

「自由枠」の希望がじわじわと増えてきています。

皆さんの期待に応えてあげられないのは少しだけ残念ですが、少しでも長く

皆さんの役に立つために「疲れる前に休む」ことは守ります。

 

 

今日は、朝7時前に自宅を出て、実家に行き、母を連れて父の病院に行って

きました。

少しだけ声に元気がなかった父が、一緒にいる間に元気な声に変わったのが

嬉しかったです。

 

その後、母を実家に連れて帰った後、「少人数ランチ会」でした。

(6月1日の「あじさいパーティ」でプレゼントとして当たった方たち3人との

ランチです・・・内容は後ほど)

 

ランチ会が終わったら、打ち合わせを1つ済ませて、夕方になる前に自宅に

戻ってきました。

 

 

 

家で何をしたかって?

 

何もしません。

 

ただ休憩してただけ。

コーヒー飲んだり、録画していたサスペンスを見たり、ゆっくりできました。

 

これでいいんだな、って実感しています。

休むことには意味がある」んですよね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「個」と「集団」

W杯で「日本人らしさ」が称賛されています。

 

応援の後のゴミ拾いとかロッカールームを出るときにきれいにしていくとか、

サッカーの試合でも「自己犠牲」を払いながら、「組織で動く」ことで、

実力以上の結果を出す、そんな姿が認められているんでしょう。

 

とてもいいことだと思います。

 

ただ、W杯に直接関係がない私たちは、もう少し違うことも考えないと

いけないのかもしれません。

 

それは「個」の力をどう伸ばしていくか、という問題です。

 

第二次世界大戦に突入していったときの、あの「国全体で間違った方向に

進む恐怖」を私たちは歴史の教科書や先人の話で知っています。

 

「集団(組織)」で動くことは大切なことです。

それを否定するものではありません。

 

ただ、「」も大切にしなくていいのか、も気になります。

 

私は「先生」という仕事をやっていますから、考えるのは子どもたちのこと。

 

 

「ほかの人が○○するから私も・・・」

「誰もいないから私もしない・・・」

 

こんな子がまだまだたくさんいます。

 

「君の人生じゃないの?」

「君は何でも『人に合わせて』生きていくのかな?」

 

と思ったりします。

 

まわりに関係なく、「自分自身の決断」で行動する、そんな子どもたちを

一人でも多く育てたいと思っています。

 

そして、同時に自分自身にもそれは言い聞かせているんですね。

私自身、「誰かが○○するから私も・・・」などということがないように、

つねに「自分自身の決断」をする覚悟をしておかないといけないん

でしょうね。

| holiness | 人として | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
災害について考える

朝から真剣に「勉強」してました。

かなり集中したので、思いのほか進んで、少し余裕ができたのでブログ書いて

います。

(ブログ書いてるときは比較的「心に余裕がある」ってことです)

 

昨日からTVのニュースは「大雨」と「オウム死刑囚の死刑執行」の2つです。

 

どちらにも共通しているのは、パニック(災害、事故、・・・)のときの

安否確認です。

 

「(フェイスブックなどの)SNSが役に立った」という声多いですよね。

やっぱり災害のときの「SNS」は強いかもしれません。

 

芸能人の誰かが、どこかの地震のときに言っていたことを思い出しました。

私のブログを連絡版として使ってください

 

そうだ!

これだ!

 

私も少しは「社会に貢献」できるかもしれないと思いました。

 

もしも、もしも水害や地震などで知っている人との連絡をとりたいとき、

このブログに書き込んでもらったらどうだろう、って思ったんです。

 

今は全コメントは「非公開」にしていますが、いざというときは「公開」

に変更します。

また、私が知りえた情報はその都度ブログでアップします。

 

大きい人数ではありませんが、少なくとも1000人ぐらいの方は見ていると

思います。

 

小さなコミュニティですが、関係のある人たちの安否は少しはわかるかな

って思います。

 

 

このことを思いついて、何だか自分の中に、不思議と「安心感」が生まれる

のを感じました。

 

さあ、いざというときのために、皆さんコメントの練習ですよ〜!(笑)

| holiness | 人として | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
集中力、復活の兆し

痒みは続いていても、日常生活にほとんど支障はなくなってきています。

 

何かをやりたくても、まったく集中できず、何もできない毎日が続いていた

日々を考えるとずいぶん体調ももどってきたな、と感じています。

 

今日は、完全に「教材作成のための一日」と割り切っていました。

朝からひたすら問題を作っていました。

 

頭や体の痒みは消えることはありませんが、「何かをやるときにそれを妨害

する」ことは徐々になくなってきました。

 

そして、今日の午後4:30、7月にやるべき特訓やテスト会の教材の作成が

すべて終了しました。

 

ちょっとずつですが、「集中力」が戻ってきていると実感します。

 

いろんな部分で、少しずつ復活の手ごたえを感じています。

 

さあ、明日から7月。

心機一転、フルパワーでがんばりたいですね。

 

あっ、くれぐれも無理のないように、休み休みやりますからね〜(笑)

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人の悪口を言うこと

身の周りにいませんか?「悪口を言う人」

 

相手が気にしてることでもまったくお構いなし。

「あなたは髪が薄いよね〜」

「背が低いね〜」

「あなた、太ってるよね」

(仲のいい人で「ちょっと太ったかなぁ。。。」ぐらいは言うかもしれません。

本当は仲が良くても言ってはいけないかもしれませんが)

 

例えば、背が低いことで、誰かに迷惑をかけたのでしょうか?

人に責められる、ましてやバカにされる問題でもないと思うんです。

 

「容姿で悪口を言う」ことが最も許せないし、人間としては最低レベルです。

 

私の周りにこういう人は「数人」います。

このことは本人には絶対に言いませんし、まあ ほとんど会うこともないでしょう。

 

でも、今日、そういう人たちのある「特徴」に気づいたんです。

 

それは「容姿で悪口を言う」人は、「自分に負い目がある」ということ。

自分が責められないために、相手の容姿を責めて、自分に関する話題から避けよう

としているのが見え見えです。

 

こんな人間にはなりたくないですね。

そしてこういう子どもたちが一人もいなくなるために「教育」ってあるんだと

思うんです

 

私は、もしも自分が教えている子どもたちが、こんな「悪口」を言うとしたら

即刻退学」です。(もちろん、たった1回でも同じ)

「容姿で責めることは、責めた本人が不幸になること」を徹底的に教え込むこと

になるでしょうね。

 

ちょっと眠くなってきました。

(薬のせいかもしれませんね)

 

おやすみなさい。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |