無料ブログ作成サービス JUGEM
今年を振り返る(4)

とうとう「振り返りシリーズ」も4回目になりました。

 

「経営者」としてのこの1年はどうだったのか。

 

これについては、やや答えられないところもありますね。

肩書は別にして、実質的な経営からはすでに退いている一年だったので、具体的

な数字を知っているわけではありませんから。

 

ただ、もっと「経営指針書」の大切さ、を各責任者に伝えられたら、という反省

はあります。

「指針書」が大切にされない限り、それを作成したり、検証したりする「社員

研修」もいい結果につながらないと思うんですね。

 

今後は、この「経営指針書」を何よりも大切にした経営をしてほしいと思って

います。

 

もう一つは、「数字に関してシビアな経営」ができていなかったことですね。

 

これは

「経営が苦しいときは給料を下げてもいい」といった意味ではなく、

どんなに苦しいときでも、決めたことは何としても守り抜く」という考え方

ですね。

 

わかりやすいのは「お金」でしょうが、こういう気持ちで経営に臨んでほしいと

これからの人たちに希望したいですね。

 

来年以降、私自身「経営者」としてやるのか、「個人事業主」としてやるのか、

まだ明確には決まっていませんが、どちらにしても自分一人でいろんなことをやる

ことになるわけで、その際は「小さな経営」(細かいところまできちんとした

経営・・・私が勝手に考えた言葉で、ここではまだ具体的には言えませんが)を

めざしたいと思っています。

 

また0から経営者始めます!

| holiness | 経営者として | comments(0) | - | - | - |
経営者の覚悟

まだなかなか眠くはならないので、気になっていることを。

 

経営者の覚悟」についてはいろんなことが言われるので、それを改めて書こう

とは思っていません。

 

経営者の仕事のうち、大切な仕事は「先を見る」こと。

今の状態が続いたときの、3か月後、6か月後、1年後の姿ぐらいはイメージして

「今やるべきこと」を決めていくことが大事なんだろうと思います。

 

苦しくなってからバタバタするのは見苦しい、というか「経営」ではないですね。

苦しくなる前に危機を予測する」ことがいわゆる「資金繰り」というやつです。

 

苦しくなってからの「資金繰り」しか話題になりませんが、それ以前の「準備」の

ときにいろんな手は打っておきたいものです。

 

もう一つ、「急に変えない」こと。

 

例えば、毎月10万円もらっていた人が、突然5万円に減らされた・・・これって

ダメですよね。

もちろん、こんなことはめったに起こらないでしょうが、私などは、「出せる分」

でもらっている関係で、決まっている金額が黙って変えられていることもあります。

何も言わないので意識してないのかもしれませんが・・・。

 

「決まったこと」は必ず守るべきです。

もちろん、賞与などの「業績連動型」のものは、0のときもあることは覚悟すべき

でしょうけどね。

お金に限らず、会議等での決定事項は、原則として必ず守る

経営者が「行き当たりばったり」の姿勢だと、明らかにおかしくなります。

つねに同じ対応でできるように意識したいものです。

 

私も来年3月からは一人です。

最初の段階で、半年から1年分ぐらいは予測できるようにしておきたいですね。

偉そうなことを書いて、自分では全然できなかったら恥ずかしいですよね。

私はとにかく「労働分配率」を意識した報酬のとり方、費用の使い方を徹底する

つもりでいます。

| holiness | 経営者として | comments(0) | - | - | - |
人と会うこと

2年前に体の痒みが始まってから、経営者の勉強会である「同友会」にも

全く顔を出せなくなりました。

 

そのせいか、「出会い」が極端に減った気がします。

 

「母の会」があるので、お母さんたちとは毎月いろんな方との出会いは

ありますが、経営者の方や一般の会社員、あるいは公務員の方との出会いはない

ですね〜。

 

今日は、今から卒業生が教室にやってきます。

 

もう何年ぶりでしょう?

卒業してから1、2回は会ったような気はするのですが、それでも、もしかしたら

10年ぶりぐらいになってるかもしれません。

 

来年の市議選に立候補するということですが、このチャレンジ精神は見習いたい

と思っています。

 

人との「出会い」は、つねに「刺激」を与えてくれます

来年はちょっとがんばって「新しい人脈」をつくることにも挑戦してみようかな

なんて思っています。

 

来年はちょうど自分の干支の「ねずみ年」です。

何か新しい挑戦始めたいですね〜。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
どんな老後?

昨日の「3人会」の続きです。

 

「カレー」に感動した後、満腹で何も食べられず、とりあえずデザートだけは、

ということで、「揚げバナナとアイス」を頼みました。

 

これまたおいしかったですね〜。

 

まあ、それはともかく・・・

 

昨日の話の中で、あの前澤さん(ZOZOの前社長)の話になりました。

何百億、何千億のお金を稼いだという意味では凄い才能があるんだと思うんです

が、自分自身、年齢を重ねるにしたがって「大金をめざす」という感覚がなく

なってきてるんですね。

 

ぜいたくはできなくてもいい。

でも「不安のない生活」を送りたい。

そして、月に1回でも「おいしいものを食べる」生活ができたらいい。

 

遺産なんて残さなくても、自分の人生を葬儀まできちんと幕を引けるようにしたい

と思っています。

 

来月も再来月も「3人会」は続きます。

月に1回、こんな時間を楽しみにできる老後で十分かも、ですね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
たくさんのヒントをもらいに

今日は授業の後、仲のいい経営者の方との食事会「3人会」があります。

 

風邪でちょっと体調が思わしくなかったので、延期してもらおうと思って

いましたが、今日はずいぶん調子がよくなってきたのと、今月はほかに夜が

空く日がなかったので、がんばって参加してきます。

 

ただ、少し早めに帰らせてもらおうかなと思っています。

 

この「3人会」の中では、雑談の中で、いろんなヒントをもらえます

自分の生き方であったり、「経営のヒント」であったり、ほかではなかなか

手に入らない貴重なお話を聞くことができます。

 

ここ2年、痒みが出てからは、飲み会もほとんど参加していないので、夜の

街に出かけるのは、この「3人会」ぐらいになりました。

(おかげで節約生活ができてるんですけどね(笑))

 

今日もしっかり授業をして、夜はたくさんのヒントをもらってこようと思って

います。

 

まもなく授業が始まります。

がんばりますよ〜。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まさか、今より?

今、実家に着きました。

これから寝ます。

明日は母と一緒に朝ご飯を食べたら、できるだけ早く自宅に戻ります。


準備をして、加治木まで行かないといけませんからね。


夕方からは最後まで授業です。


何かバタバタですよね〜。


熊本のスタッフから言われました。

「これから先まだやるべきことがあるから、社長の体力的な面を考えての引退ですから、今より忙しくはならないのが前提ですよ‼️」


そうですよね。

まさか、今より忙しくなったら、引退する意味がないですからね。


これからよく考えて、「今より楽になる」働き方をめざしたいですね。


明日の授業の準備も気になりますが、とりあえず今夜は寝て、風邪を少しでもいい状態にして明日を迎えたいですね。


ては寝ます。


おやすみなさい。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最悪の事態を想定する

自宅に戻ってからすぐに寝たかったんですが、宅急便の荷物が届くということで、

それを待っていたので、ほとんど寝ることができませんでした。

 

その間、何をしていたかというと・・・

 

昨日の夜の作業の続きです。

来年3月、引退後の自分自身の生活のシミュレーションですね。

(個人事業での売上、退職金、保険、支払いはもちろん、旅行、親族の食事会、

お年玉、病院、年金、なども考えて作りました)

 

あらゆる要素を組み込んで、とりあえず5年分の「数値計画」を作ってみました。

いくつかのパターンを作りましたが、その中でも「最低・最悪」の状態を想定

したものに一番力を入れて作りました。

 

この「最低・最悪」の場合で、かなりの節約をしながらでも生きていけるので

あれば、これから先の「心の安定」を手に入れることができます。

 

生活のため、お金のために働くようになると、せっかく子どもたちやお母さん

たちのお手伝いをしようという気持ちが消えてしまいますよね。

 

私も、かなりの貧乏を経験しました。

落ち着いて生活できる」ことがいかに大切なことかがわかります。

 

そして、この「数値計画」は、売上が少なくてもやっていけなくては意味がない

わけです。

 

私たちの業界で言えば、「生徒数が多ければ儲かる」みたいなところがあります。

でも、それは経営ではありませんね。

少ない売上でも利益を出すことは可能です。

そんな経営をしないといけないな、と思います。

 

私自身、今度は自分しかいないので、緊張感を持ちながら、ちゃんと経営と

向き合おうと思っています。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
二郎系

熊本で以前から気になっていた「二郎系」のラーメン屋に行きました。

 

「二郎系」とは、もやしやキャベツなどの野菜がたっぷりのっていて、背脂や

ニンニク、厚切りチャーシューを特徴とするラーメン屋さんです。

(「ラーメン二郎」を原点とするラーメンの種類だそうです)

 

私は昼も豪華だったので、あまりお腹が空いてはいなかったのですが、スタッフ

が「二郎系行きませんか?」と誘ってくれたので、一緒に行くことにしました。

 

極太麵・・・これはお店の人によると「九州一」の太さなんだそう。

野菜たっぷりで、食べても食べても減らない・・・大満足です。

 

もしお昼に食べていたら、夜はまったく食べられませんね。

 

でもおいしかったです。

 

また行ってみたいですけど、相当空腹のときにします。

今日は、豪華な昼食と二郎系ラーメンで、だいぶ太ったと思いますからね。

 

 

スタッフとご飯を食べながらいろんな話をすること、これってとても大切な経営者

の仕事です。

それぞれの会社の社長もスタッフと一緒にご飯食べるだけで、違うものが見える

かもって思うんですけどね。

 

おかげで、今も全然お腹は空きません・・・

明日の朝食は、私の中では過去最高の「豪華バイキング」なんですけどね。

 

今日のホテル、10月にも泊まったんですけど、そのときはキャッシュレスで払うと

10%引きだったんですよ。

だから、1泊朝食付で5000円のところが、4500円だったんです。

(普通のビジネスホテルが6000円〜8000円ぐらいなのと比べると激安です)

 

そしてそして、今日は5300円だったんですが、paypayで払ったらビックリ!

ナント「1265円」も返ってきました。

つまり、今日は4035円で1泊朝食付に泊まったことになります。

やっぱり時代はキャッシュレスですね。

 

でも、あまりの安さに、逆に不安になりますね〜。

 

明日の朝、「間違ってました・・・」なんて言われないですよね。

| holiness | 経営者として | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ちゃんと経営する

今回の熊本出張の目的は「ちゃんと経営するための準備をすること」です。

 

経営の指標はたくさんありますが、今回特に力を入れたのは

労働分配率」と「日時生産性(オリジナルの指標です)」の2つです。

 

まずは、私が関わっている3つ目の会社について、現状における「労働分配率」を

計算し、それぞれの給与が適正かを確認しました。

 

ご存じの方も多いとは思いますが、「労働分配率」とは「人件費/付加価値」の

割合です。

この割合によって、経営の状態を判断する指標です。

 

この「労働分配率」を、一人ひとりのスタッフごとに計算しました。

そして、どこに課題があるのかを見つけ、それをクリアしていくというものです。

 

もう一つ、「日時生産性」

自分たちにとって、最も必要だと感じたので、計算することにしました。

それぞれが、「1日当たり」あるいは「1時間当たり」どのぐらい稼いでいるのか

を計算して、働き方に工夫をしようというものです。

 

生産性を上げて、休みを増やす、という方法も検討できるようになると

思うんです。

 

この2つについて、きちんと「数値化」することで、現状を正確に把握し、

できるだけ早く問題を発見し、解決する。

そういう「ちゃんとした経営」をやるべきだろうと思っています。

 

来年の3月以降は、私もいなくなるので、自分たちで話し合って、きちんとした

経営をやってほしいという思いからです。

 

また、私自身についても、「個人事業主」の場合、目の前の資金は全部自分の

もの、という錯覚に陥ることもあります。

そんなとき、「労働分配率」や「日時生産性」を考えることで、判断を間違う

ことがないようにしたいものです。

 

明日も続きをやります。

一人ひとりがちゃんとした「経営意識」をもって取り組めるようになるといいん

ですけどね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まじめに経営

今日のGSK(責任者会議)、これから2月までのスケジュールについて話し合い

ました。

 

「自由枠」の申し込みも冬から2月分までをまとめて申し込むことになっています

ので、その内容も具体的に詰めることができました。

 

私があまり会社に深くは関わっていないからか、最近、業績のチェックが甘く

なっている気がしていました。

 

「報告連絡相談」についてもややいい加減になってるかな、と感じます。

 

そんな中、今日は「労働分配率」をもう一度考え直してほしい、ということを

お願いしました。

 

労働分配率とは(人件費/付加価値)を%で表したものですが、50%を基準として

高いか、低いかで会社の状態を判断する、経営分析の1つの指標です。

 

私たちのような、中小にも及ばない「零細」企業の場合、とても重要な指標だと

私は思っています。

 

スタッフ一人ひとりが稼いでいる金額の半分がその人の給料であれば、労働分配率

は50%と考えることができます(もちろん、学習塾の場合ですが)

逆に言うと、「給料の倍稼いでやっと普通」ということです。

原価率の高い業種の場合はまた違ってきますけどね。

 

この「個々の労働分配率」を計算することで、コストパフォーマンスについても

考えるべきという話をしました。

 

私は引退しますが、そろそろ本気で「経営」について取り組んでほしいと思って

います。

 

売上が低い=利益が出ない」という考えは改めて、売上が少なくても、ちゃんと

利益の出せる経営について考えてほしいと思うんですけどね。

| holiness | 経営者として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |