無料ブログ作成サービス JUGEM
たくさんの感謝

とうとうこの日がきましたね。

このブログ「最後の日」です。

 

「社長雑感」というタイトルで始まり、社長を引退して会長になると同時に

「会長雑感」というタイトルでここまで約10年間、更新したブログの数4901件、

月間更新回数もこのブログで104回と歴代1位となりました。

(一応「有終の美」ということでがんばりました)

 

先生として、経営者として、人として、プライベート、親として、などいろんな

立場で、好き勝手に書かせていただきました。

お叱りの言葉をいただくこともたくさんありましたが、最後まで見守っていただき

ましたこと、本当に感謝しています。

 

人は一人では生きてはいけないと思います。

私は、この10年間、経営者として、先生として、そして人として、皆さんに

たくさんのことを教えていただきました。

 

会社のスタッフにも本当に多くの面で助けてもらいました。

もっといろんなことをしてあげたかったと思います。

 

そして「誰かのために生きる」ことこそ、「幸せになる道」だと確信しました。

 

私は来年の2月で、今の会社を「引退」することになっています。

それに伴って、このブログも本日をもって更新は終了します。

(しばらくは閉鎖はせずに、見ることだけはできるようにしておきます)

 

この10年の思い出を書き出したら、キリがありません。

あっさり終わるのがいいんでしょうね。

 

 

来年は60歳になりますので、今度はいろんな意味で「60歳からの再挑戦」です!

 

 

皆さん、今日まで本当にありがとうございました。

| holiness | 人として | comments(22) | - | - | - |
こんな正月もたまにはいいか

数日前から妻が寝込んでいます。

原因はわかりませんが、昨日は朝から病院に行って、点滴を受けていました。

 

お盆と正月に必ず帰ってきていた息子の家族が、体調不良で、息子だけが帰省

するとのこと。

 

まだ、年末・年始の雰囲気は我が家にはありませんね・・・。

 

たぶん、年越しそばもないかなぁ。

今年はおせちも頼んでないので、元旦には青汁とパンでも食べますかね(笑)

 

私にとっては、こういうことが嫌なわけではないんですよ〜。

ふだん、みんなが私を支えてくれているわけですから、こんなときぐらいは

ゆっくりしてほしいと思っています。

 

そして、逆に「1月1日も1年のうちの一日」だということを改めて教えてくれて

いるようで、特別ではなく、普通の日として過ごしたいと思っています。

 

今日は、授業もいつもより早く始まって、早く終わります。

夜はゆっくりできるかなぁ。

 

紅白見るか、格闘技見るか、それとも寝るか・・・

普通の一日として過ごせるので、「何かしないと!」という気負いがないですね。

 

さあ、気楽な「1年の終わり」を迎えます。

 

 

 

私にとっては、今日が「ブログ最後の日」だということの方が意味があります

けどね。

| holiness | プライベート | comments(11) | - | - | - |
今年を振り返る(4)

とうとう「振り返りシリーズ」も4回目になりました。

 

「経営者」としてのこの1年はどうだったのか。

 

これについては、やや答えられないところもありますね。

肩書は別にして、実質的な経営からはすでに退いている一年だったので、具体的

な数字を知っているわけではありませんから。

 

ただ、もっと「経営指針書」の大切さ、を各責任者に伝えられたら、という反省

はあります。

「指針書」が大切にされない限り、それを作成したり、検証したりする「社員

研修」もいい結果につながらないと思うんですね。

 

今後は、この「経営指針書」を何よりも大切にした経営をしてほしいと思って

います。

 

もう一つは、「数字に関してシビアな経営」ができていなかったことですね。

 

これは

「経営が苦しいときは給料を下げてもいい」といった意味ではなく、

どんなに苦しいときでも、決めたことは何としても守り抜く」という考え方

ですね。

 

わかりやすいのは「お金」でしょうが、こういう気持ちで経営に臨んでほしいと

これからの人たちに希望したいですね。

 

来年以降、私自身「経営者」としてやるのか、「個人事業主」としてやるのか、

まだ明確には決まっていませんが、どちらにしても自分一人でいろんなことをやる

ことになるわけで、その際は「小さな経営」(細かいところまできちんとした

経営・・・私が勝手に考えた言葉で、ここではまだ具体的には言えませんが)を

めざしたいと思っています。

 

また0から経営者始めます!

| holiness | 経営者として | comments(0) | - | - | - |
今年を振り返る(3)

この1年、個人としてはどうだったでしょう?

 

「痒み」との戦いはいまだに続いています。

今年は決して前進した、と言えるような年ではなかったかもしれませんね。

ただ、「痒みに馴れた」ということは言えるかもしれません(いいのか悪いのか)

 

薬だけではなかなか思ったような結果は出ないのかもしれませんね。

もっと抜本的な「体質改善」が必要でしょうね。

 

夫婦での旅行も、ずっと行っていたんですが、昨年、今年と体調が悪かったり

天候の影響で、まったく行けませんでした。

旅行らしいのは、10月に父が亡くなった後、お礼を兼ねて行った熊本ぐらい

でしょうか。

 

父は10月4日に亡くなりましたが、「心残り」はありませんでした。

今の自分にできることは全部やったという自負はあります。

亡くなった後も、週に1回はお墓参りに行くことにしていますので、父も文句は

ないでしょう(笑)

 

今は、残された母の世話が私の中心ですね。

忙しい毎日ではありますが、月に8〜10日は実家に帰って泊まっています。

母と一緒に朝ご飯を食べて、自宅に戻るだけですが・・・。

(最近はゴミ出しと茶碗洗い担当ですけどね(笑))

それ以外にお墓参りが4〜6回ぐらいですかね。

ご飯を持っていくのも数えると、たぶん月に20日以上は母のところに行きます

 

孫は・・・今年も私にはなつきませんでした(笑)

まあ、これは別に構いませんが。

 

個人としては、そんなに「いい」と言えるほどの一年ではなかったかも

しれません。

 

やっぱり、すべては「痒み」ですね。

プライベートな楽しみはその後ですね。

 

来年は全力で「痒み撲滅運動」を展開しますよ〜。

| holiness | プライベート | comments(0) | - | - | - |
今年を振り返る(2)

「今年を振り返る」シリーズの第2弾(勝手にシリーズ化してる(笑))

 

先生としてのPART

母の会」についてです。

今年1年、何とか穴をあけずに参加することができました。

以前よりはペースを落として実施しましたが、年間約120回の「母の会」

ありました。

 

月に直すと10回なので、まあまあの回数ですよね。

 

20チーム弱の「母の会」がありましたが、どれもとても楽しい会でした。

 

お子さんが小さい方のための「子育て講座」的なもの

受験に関する相談

不登校、いじめ、発達障害等の悩み

母親自身の勉強会

いわゆる「雑談」の会(これはこれで存在価値があります)

 

主宰者の方は場所選び、参加者への連絡、テーマなど大変ご苦労されたと

思います。

そうまでして、「母の会」を開いてくださったこと、本当に感謝です。

 

少しでも皆さんのお役に立てていればいいのですが、ただ参加しただけのこと

も多かったかもしれません。

私自身もっともっと勉強して臨まないといけなかったかなと思います。

 

9月27日には何とか「1000回」を達成することができました。

これには延べで1000人の主宰者の方が存在したわけで、皆さんの努力の賜物

と考えています。

 

12月で「母の会」はいったん終了しました。

1月、2月は何かの会のプレゼントで当たった方が何人か「母の会」を開いて

くださいます。

 

3月以降のことはまだわかりませんが、私が元気なら「シーズン2」として再開

するかなぁ、なんて思っています。

 

私自身の賞味期限はせいぜいあと2、3年です。

賞味期限が残っている間は全力で皆さんのためにがんばります!

 

これが今月100回目のブログです。

歴代2位タイになりました。

歴代1位記録更新まであと4つ。

何となく、歴代1位になれそうな気がしてきました(笑)

 

このブログの終わりに向けて、いい「花道」を作りたいですね。

| holiness | 先生として | comments(0) | - | - | - |
まさか年末に・・・

予定していた子がやってこない・・・まさか年末にぶっちぎりかよ〜(笑)

 

まあ、時間ができたということで、来なかった子には感謝しないといけないかも

しれませんね〜。

 

この時間をうまく使って、年末にやっておきたかったことを整理しておきます。

 

個別の授業は、一人ひとり「今日はこれとこれをやって、宿題はこれで、今後の

予定はこうして・・・」と準備をして臨むようにしているので、それがなくなる

と、その子が成長できるような手段を一つ失くすような気がして、私としては

とても残念ですけど、しょうがないですね。

 

先日、ある子にこんな話をしました。

勉強は『たまに』してはいけないよ。少しずつでいいから、毎日コツコツやる

ものだよ。毎日コツコツできないなら、勉強はあきらめた方がいいかもね」

 

厳しいようですが、これが現実です。

 

毎日毎日、ほんの少しずつでも努力を続けた子が最終的には自分の夢を実現して

いくんだと思います。

 

ノーベル賞をとった先生たちの話を聞くと、それこそ10年、20年、30年と地道

に研究を続けて、大きな成果を得るんだな、と実感します。

才能がある人たちがコツコツ努力してやっと大きなことを成し遂げられます。

 

私のように、特別な能力がない人間は、人と勝負するには「毎日努力すること」

しかないはずなんです。

子どもたちに対して、というよりは私自身に対する警告と考えます。

 

体調が悪いとか、機嫌が悪いとか、ほかにやりたいことがある、とかいう理由

で、本来やるべき「勉強」をおろそかにすることがないようにしたいですね。

 

授業の生徒が来なかったことをきっかけに、自分自身を戒めるブログに

なりました。

 

1年を締めくくるのに、いい機会だったのかもしれません。

| holiness | 先生として | comments(0) | - | - | - |
今年を振り返る

もう12月30日、今年一年を振り返る時期ですね。

 

まずは先生として(これが私のメインですからね)

 

今は「自由枠」として、だいたい25人前後の生徒しか教えていません。

それは最後まで変わりませんでしたね。

 

今年は特に「準備」に力を入れました。

 

経験が長くなると、どうしても手を抜きがちです。

手を抜いても、まあそこそこのパフォーマンスはできるからですね。

でも、そうしているといつの間にか、レベルが落ちていきます。

新しいものに挑戦することができなくなります。

 

いつの間にか子どもたちが離れていく、ということでしょうね。

 

私など、子どもたちからしたら「おじいさん」ですから、無理してそんな人に

授業をしてもらわなくてもいいわけですよね。

 

いつまでも授業ができるためには、自分自身を磨き続けないといけないと思うん

です。

 

もうたくさんの人数は教えることはできませんが、子どもたちから飽きられない

ように「つねに新鮮な感動を与えられる」ように、自分自身に刺激を与え続けて

いきたいですね。

 

魅力的な先生であり続けるためには、圧倒的な教科(私の場合数学です)の力

つけることは最低条件です。

その上で、「魅力的な人間」である努力は続けないといけないと思うんですね。

 

来年は

映画、演劇などを見たり、本を読んだり、多くの人と出会ったり、・・・

人間的な幅を広げる努力をする一年にしたいですね。

 

 

あれっ、「先生」としての振り返りしかできなかった。。。

まあ、いいか。

| holiness | 人として | comments(0) | - | - | - |
やっぱりダメだなぁ。。。

昨日はいつもより早く実家に帰り着きました。

 

たっぷり寝ました!

(実家では長い時間寝られるんですよね〜)

 

今朝も、ゴミ出し→茶碗洗いといつも流れを済ませて、母といろいろ話して

いましたが、どうしても母の体のことが気になって、小言を言ってしまう自分が

ちょっと嫌になりますね。

 

「今日はもち米を買ってきて、餅をつかないと」

 

「また無理をして、体が痛くなったら大変でしょう。もうやめたら」

 

「父ちゃんが餅が好きだったから・・・」

 

こう答える母に

「じゃあ、餅をついてもいいけど、ほんの少しにしなさいよ」と言うと

 

しばらくして

「餅は売ってるのを買おうかね。売ってるのもおいしいもんね」と母。

 

今、このブログを書きながら涙が出ます。

何で、やりたいことをやらせてあげなかったんだろう。

無理をして体を痛めたら、病院に連れて行けばいいだけなのに・・・

自分が楽をしたいから「やめろ」って言ってしまったんですね。

 

私は両親に一度も叱られたり、否定されたりしたことはありません。

それなのに私は「あれもダメ、これもダメ」ばかり。

 

やっぱりダメですね〜。

その分、正月にやりたいことをやらせてあげないと、ですね。

| holiness | プライベート | comments(0) | - | - | - |
とにかく「勉強する」こと

この冬から、個別を受ける子には、勉強会を90分間受けてもらうようにして

います。

 

今までの勉強会は、特訓で受けた問題のやり直しだけをやっていましたが、

今回からは、何をやってもいいことにしました。

 

テキストを解く子もいれば、テスト会のやり直しに充てる子もいます。

 

少なくとも、この90分間は「勉強する」わけですね。

 

確実に前進するのが目に見えます。

 

これって、子どもたちには必要だなって思うんですね。

こうして、「勉強する仕組み」をつくってあげることが私たちの役目なのかも

しれませんね。

 

勉強会だけでも結構イケるかも、なんて思ってしまいますね。

先取りはちょっと無理ですが、復習や入試問題練習なら、勉強会で対応

できそうな気がします。

 

また、これから考えていきます。

| holiness | 先生として | comments(0) | - | - | - |
今日から合宿

私は参加しませんが、グループ全体で今日から2泊3日の「受験合宿」が

始まっています。

 

ほとんどのスタッフが参加しているので、教室で授業があるのはほんの数人。

 

いつもと違う雰囲気で授業をすることになりそうです。

 

最近は、保護者会や合宿など、グループ全体の行事にもほとんど参加しなく

なったので、スタッフに頼りっきりという感じですね。

 

みんなががんばっている間、私は教室で31日まで授業です。

 

こちらはこちらでしっかりやりますよ〜。

 

妻の状態は決して良くはありませんが、母のことも心配なので、今夜は実家

に帰ります。

明日はゴミ出しだから、私も活躍ですね(笑)

 

そういえば、「タオルを洗濯してくれないかなぁ」と言ってみたら、母は

嬉しそうに「いいよ、持ってきなさい」と言っていました。

 

やっぱり、「頼られる」って嬉しくて、元気になるのかもしれませんね。

 

今夜はたくさんのタオルも一緒に持っていきます。

| holiness | 先生として | comments(0) | - | - | - |