無料ブログ作成サービス JUGEM
まもなく出かけます

今日は、集団のコースの「理解度テスト」の日。

1か月に1回、その月にやった内容の確認テストを実施しています。

 

その問題を朝から作っていました。

先ほど作り終わりました。

 

こちらは授業の準備と比べて比較的早く終わりました。

4時間半ぐらいでしょうか。

まあ、余裕ですね(笑)

 

さて、これから準備をして父の「遠足」です。

 

夕方からの授業に間に合うように、父のところに行ってきます。

 

父は別の病院に入院にしてからほぼ「寝たきり」の状態です。

最近はほとんど「寝て」います。

先日行ったときもまったく起きてくれませんでした。

もしかしたら今日も起きないかもしれません。

 

それでも母は父に会いたいようです。

 

きっとまた公園に連れていける日が来る、と信じて病院に通います。

必ず思いは伝わるはずです。

 

 

全然関係ないんですが・・・

携帯の写メ、私はSDカードなどには保存してないので、携帯を替えたら写メ

もそのままなんですが、なぜかふだんPCで使っているクラウドに何枚か保存

されていて、それを見ていたら懐かしくて・・・

10年以上前の写メもありました。

若いっ!

 

やっぱり年とったんですね・・・(笑)

 

せっかくだからほかの携帯の写メも移しておくかなぁ。。。

| holiness | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
調子は・・・

4月、5月に痒みや腫れで悩まされました。

 

6月に仕事に復帰して、ここまで何とかやってきています。

 

明日が市立病院での診察ですが、終わりが見えたとは言えないですね。

 

仕事に影響はほとんどなくなりましたが、痒みはやっぱり少し残ってますね。

毎日かなりの時間痒みとつきあっています。

 

今は頭だけなので、ほかのところはほとんど気にならない状態ですが、完全体

まではまだ遠いかもしれませんね。

 

「調子は・・・?」と聞かれると「う〜ん、まあまあですかね」と答えるしか

ないかもしれません。

 

去年の11月2日から痒みが始まりました。

まもなく1年になります。

 

ここまで長くかかるとは思ってはいなかったですね。

 

でも、年をとると何らかの不具合を抱えながら生きていくんだと思います。

だからこそ、いろんなことに注意しながら過ごせるんでしょうね。

 

私も、この痒みは一生付き合うのかなぁ、なんて思っています。

それでも自分の進む方向は変わりません。

 

私は今「自由枠」というスタイルで、毎月申し込みを受け付けて授業をして

いますが、これをもう少し「自由」なスタイルに変えられたらいいなと

思っています。

 

困っている人に少しでも「光」を与えてあげられるようにしたい

 

「もっとがんばりたい」

そんな子どもたちの応援をしたい、そう思っています。

 

「自由」にいろんなことができるためには、もう少し時間がないと難しいん

でしょうね。

個別以外でも「合宿」や「SS」をもっと人数を絞ってできたらいいんです

けどね。

 

もっともっと考えれば何か「必殺技」考えつくかもしれませんね。

| holiness | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今度こそ「秋と言えば・・・」

昨日の2つ目の「母の会」、1つ目の会から近いカフェでありました。

 

会が始まると「それでは皆さん、今日は『秋と言えば…』がテーマです」と

話がありました。

 

「えっ?」

1つ目の会と同じテーマ?

 

完全な私の勘違い。

実は1つ目の会のテーマは

嬉しかったこと、楽しかったことを話してください」だったんです!

(1つ目の会の主宰者の方、本当にすみません・・・)

 

ということで、2つの会が同じテーマになりました。

 

それでも、人によって「秋」のイメージは全然違うので、聞いていて

楽しかったです。

 

睡眠の秋

食欲の秋

スポーツの秋

ファッションの秋

・・・

 

いろいろ出ましたね〜。

 

こういうの、聞くだけで楽しいですよね。

そして、自分もやってみようと刺激になりますよね。

 

私は、「最近、映画見てないですね〜」と、「芸術の秋」の話もしました。

 

そう言えば、だいぶ前に「映画同好会」つくったんだけど、1回も見に行って

ないですね。

もう少し時間ができたら、「映画同好会」の活動始めようかなぁ。。。

 

さらにさらに「リレーマラソン」に参加しようという話にもなりました。

何人か集まってチームを作り、42.195kmを走るわけです。

 

こういう「こんなのやりたいですね〜」っていう話は何となくウキウキします

ね〜。

 

しまいには、私がつくりたいと思っている「長屋型介護施設」のことについて

も話が出て、結構盛り上がりました。

 

 

 

子育ての話もちょっぴり。

 

お子さんが小さくて、友だちとなかなかうまく交わることができないときが

あって心配、という相談をよく受けます。

 

まず「一人で遊べる子」にすること。

無理に「私も仲間に入れて」などと言わなくてもいいようにしておくことは

大事かもしれません。

 

これはまた機会があったら詳しくお話ししますね〜。

| holiness | 先生として | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
食事よりも「人」ですね

昨日の「母の会」

 

一つ目は中央駅東口側にある、わりと名前の通ったお店でした。

 

メニューにちょっとだけわがままを言ったんですが、別の店舗では、店員さんが

気楽な感じで「いいですよ〜」と言って、すぐに用意してくださるのですが、

昨日の店舗では「すみません、できません」の一言で終了・・・。

 

食後にお茶のおかわりをお願いしましたが、「かしこまりました!」と素敵な

言葉を使う割には、いつまでたっても来ないので直接その店員さんにお願いに

行っったところ・・・それでも来ない!

 

言葉に『心』が通ってない」んでしょうか。

 

お茶がない時間が1時間近くはあったでしょうか。

 

料理もまずまずおいしくて、参加した方たちのお話もとても楽しかったんです

が、たった一人の店員さんのためにちょっと空気が悪くなったかもしれません。

 

以前も、こんなことがあったような・・・。

 

食事はおいしいのに越したことはありませんが、それよりも「人」なんだなぁ

と改めて感じました。

 

私たちも気をつけろ、と勉強させてもらったんでしょうね。

 

 

さて、「母の会」の方は、私が勝手にテーマを間違ってしまって

秋と言えば・・・」になってしまいました。(スミマセン・・・)

 

阿蘇に行ってこられた方の写真などを見せていただきながら、スポーツ、旅行、

キンモクセイの香り、・・・など皆さんがいろんな話をされる中で、

「秋と言えばやっぱり栗ですよね〜」という話になって

「栗の渋皮煮」と「モンブラン」が話題に。

 

さあ、今度いつか「栗を使った料理パーティ」やりますか!

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
我ながら・・・

昨日は夕方から時間があったのですが、あまり調子が良くなくて、自宅で

ボ〜ッとしていました。

 

今日は「勉強会」が2時間あるので、その準備が大変でした。

 

朝4時に起きて、今まで、途中30分ぐらい横になりましたが、それ以外は

ひたすら準備にかかっていました。

 

その時間、10時間!

 

この集中力、我ながらがんばったな、と思います。

 

私はこの「集中力」でここまできたって感じがします。

ほかに何も特別な能力を持っていない私は、この「集中力」を磨くしかなかった

んですね。

 

どんな人間にも飛び抜けた能力はあると思います。

 

その能力を最大限に生かせる環境に自分を置くことが大事なんでしょうね。

 

だから、私は今の仕事が「天職」なのかもしれませんね。

 

ほかの人が持っている才能が自分にないからといって、無理に追いつこう

したり、「自分はダメだ・・・」なんて落ち込む必要はまったくありません。

 

自分にしかない能力」を探すことに努力した方がいいかもしれませんね。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
共通点

合宿の演習中に、ついウトウト、居眠りをしてしまう子がいます。

 

私たちの塾は個別なので、授業中に居眠りするということはありませんが、

集団で授業をしているとき、あるいはテストのときなど、必ず何人か居眠りを

する子がいます。

 

今回の合宿で、ほんの数人ですが、居眠りをしてしまう子がいました。

 

そんな「居眠り小僧」(笑)たちにある「共通点」があることに気づきました。

 

ここで、その答えを書くと「そんなことはない!」とお叱りを受けそうなので

今日は書かないことにします。

 

でも、「無意識のうちに相手に対して失礼なことをする」習慣がいつの間にか

身についてしまったんでしょうね。

 

私たちのまわりには、居眠りだけでなく、相手の話を聞かない人もいますよね。

そんな人たちはなぜ「人の話を聞けない」んでしょうか?

 

・相手をそれほど重要視していない

・そもそも話に興味がない

ほかのことを考えている

 

といったような理由が考えられますが、これは居眠りと同じ、無意識のうちに

やっているのかもしれないと思います。

 

しばらく検証してみます。

 

皆さんも、自分のまわりにいる「居眠り小僧」や「話聞かない君」の共通点を

探してみませんか?

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
時間割考えないと

12日が「GSK」(グループ責任者会議)、13日・14日が「自由枠合宿」と

頭を使う日が続きました。

 

特に合宿中は、ほとんど睡眠時間がとれない状態だったので、体力的にはかなり

疲れていたのかもしれません。

 

こういうハードな行事の後は少しゆっくりできるような時間割を組めばよかった

のですが、今日は普通に授業を組んでしまっていました。

 

今までも、土日がハードなので、月曜日は休みか「母の会」だけで帰れるように

工夫をしていたつもりでした。

 

完全にウッカリでしたね。

 

GSKのメンバーは全員休んでました。

 

時間割を改めて見直してみると、今週はかなり大変な週です。

明日は「母の会」だけで帰ることができますが、

水曜日は18:00〜23:00まで授業で、「勉強会」もあるので、この準備で

ちょっと大変です。

木曜日も18:00〜23:00までの授業ですが、昼間は父の病院へ「遠足」に、

夜は23:30から「○○会」があります。

金曜日は「市立病院」の診察(あまり良くはなってないんですよね・・・)

そして、恐怖の土日がやってきます。

 

これを乗り切れば、来週は少しゆっくりですね。

 

このメリハリも大事ですが、疲れがうまく抜けるように、時間割を組むとき

にもう少し工夫したいですね。

| holiness | 人として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
おススメは?

今頃になってしまいましたが・・・

 

一昨日の「母の会」の話です。

 

美人学院で、おいしい手作り弁当をいただきながらの会でした。

 

最近は10人前後の会が多いのですが、今回は人数も手頃で、ゆっくりとお話し

できました。

 

テーマは「あなたのおススメは?」でした。

 

美人学院で、「感動旅」の講座をされている方が、つい数日前に「阿蘇」に

行ってこられたということで、しばらくは阿蘇の話になりました。

 

この方、行動力が凄いんです。

「行くぞ!」と思ったら、すぐに行動されます。

見習うべきところですね。

 

阿蘇の火口、草千里、砂千里などの写真を見せていただきながら、私もまた

阿蘇に行ってみたいなぁ、と思ったところです。

 

よ〜し、私だって行動力見せてあげましょう!

 

ほかにも

福岡の釈迦涅槃像で有名な「南蔵院

鹿児島大隅の「雄川の滝

霧島、釜蓋神社、水俣の「津奈木美術館」、・・・

いろんな場所を紹介されました。

 

こんな会も楽しいですよ〜。

 

まだまだ行きたいところたくさんあるなぁ。。。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
100枚の価値

今回の合宿に高3生が何人か参加していました。

さすがに高3はみんなしっかりしています。

どの子も自分がやるべきことをきちんとやっていました。

 

その中で、どうしてもここで紹介したい子がいます。

 

今回の合宿で「大学入試問題」を4枚やって、ナント100枚を達成しました。

 

今までが最高でも50枚プラスアルファぐらいなので、空前絶後、史上初の快挙

です。

 

私も、この子に合わせて、教材を作ったり、問題を解いたりしましたので、それ

なりに大変でしたが、がんばっている子にはどれだけでもやってあげたい、と

いう気持ちでした。

 

すべてが、比較的よく知られている大学の2次試験の問題なので、結構手ごわい

んです。

(参考までに、今日は「東京大学」の問題を2枚やりました。最後ですから)

 

比較的進度が速かったこの子は、高1の10月ぐらいには高3の内容まで終わり、

そこから数か月間かけて復習をして、高1の2月ぐらい(たぶん)入試問題に

入りました。

 

そこから「1回の授業で2枚、1か月に4枚」というペースをきちんと守り続けて

きた結果です。

 

半月で2枚の入試問題を解くことは、そんなに驚くべきペースではありません。

でも、そのペースを約2年間守り続けるのは凄いことです。

 

この「決めたことを続ける力」は尊敬に値します。

私たちでも、決めたことを簡単にあきらめてしまうことってよくありますよね。

だから結果が出ないんでしょう。

 

若い子どもたちにこそ「決めたことをコツコツ続ける」体験をさせてあげたい

と思っています。

結果が出なければあきらめる、とか「合う」とか「合わない」とかよく

聞きますが、そういうことを言えるほど努力を続けてきたのかなって思います。

 

もう「大学入試問題を100枚」やる子は出ないかもしれません。

私がそれほど授業はできないでしょうから。。。

 

「定期的にSS(スペシャルスタディ)を組む」

「定期的に合宿を組む」

 

みたいな「続けるお手伝い」ってできないのかな、と思ったりしますね。

 

今日、100枚を達成してとても嬉しかったです。

がんばった子と「感動を共有」する先生になりたいですね。

 

そうそう、余談ですが・・・

あと1枚だけやり直しが終わっていないこの子は

「今日中に終わらせます。」と言っていましたので、合宿が終わった後、

教室で続きをやっているんじゃないかって思います。

 

これが彼にとっての「日常」なんでしょうね。

| holiness | 先生として | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まだまだやれます!

昨日と今日で「自由枠合宿」やってきました。

 

勉強のしかたを身につける」というテーマで2日間やりましたが、どうだった

んでしょうか?

 

いつもよりは少しだけ難しめの問題にして、黙っていてはまったく進まない

状態にしておきました。

 

1問ずつクリアしていけば、いつかは必ず終わる」ことを身をもって体験

してもらうためです。

 

コツコツやることが得意な子は、やっぱりちょっとした時間を質問に充て、
こちらもビックリするぐらいの量をこなしました。

 

そう、今の「実力」じゃないんですね。

「取り組み方」によって、結果は大きく変わることを理解してほしかったん

ですね。

 

わからない問題があったときの対処法」を身につけてしまえば、勉強は今より

グッと効率的になります。

もちろん質問をするってことです。

ただ、質問のしかたや質問した後のことは普通は何も言いません。

 

「わからないときは質問しなさい」

こう言うと、中には質問して、説明を受けたことを、何も考えずに写して、

それを答えとして持ってくる子がいます。

もちろんこれは問題外で、ちゃんと自分で考えて、理解して、解いて、という

作業が必要なのは言うまでもありませんが、ほとんどの子が「取り組み方」を

身につけていないなぁ、と感じます。

 

1つだけ例を挙げると、ちゃんとできる子は「解いた過程」「考え方の過程」を

一緒に持ってきます

まずはこういうところから始めたいですね。

 

合宿は「死に物狂い」でやるのではなく、自宅に戻ってからの自分の勉強に

即役に立つものです。

 

子どもたちに言いました。

「今日家に帰って、いつもの時間から勉強を始められたら、合宿に来た意味が

あるよね。『疲れた〜』とか言って、何もしなかったら参加した意味はないね」

 

私も、まだまだ疲れてはいませんよ〜。

体力的には余裕です。

 

まあ、教材作成と準備が大変で、この2日間ほとんど寝てはいませんけどね。

 

子どもたちに言うだけではなく、私も日常通りに過ごします。

| holiness | 先生として | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |